一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)生後19~35ヶ月の小児の全国、州、地域における予・・・

MMWR抄訳

rss

2010/09/17Vol. 59 / No. 36

MMWR59(36):1171-1177
National, State, and Local Area Vaccination Coverage Among Children Aged 19-35 Months - United States, 2009

生後19~35ヶ月の小児の全国、州、地域における予防接種率-アメリカ、2009年

National Immunization Survey(NIS)は1994年から小児の予防接種率をモニターするためデータを収集している。この報告は2009年NISのデータに基づき2006 年1月~2008年7月に生まれた小児の予防接種率について、特に生後19~35ヶ月の小児に対して最近接種が勧告されたワクチン(B型肝炎ワクチン [HepB]の出生時接種、A型肝炎ワクチン[HepA]、結合型肺炎球菌ワクチン[PCV]、ロタウイルスワクチン)を中心に述べる。2009年の HepB出生時接種率(2008年:55.3%、2009年:60.8%)とHepA接種率(それぞれ40.4%、46.6%)は2008年に比べて増加したが、PCVの接種率(≧4回)は安定していた(80.4%)。ロタウイルスの完全接種率は、承認後2年以内に出生した小児で43.9%であった。ポリオウイルスワクチン(92.8%)、麻疹・ムンプス・風疹ワクチン(MMR)(90.0%)、HepB(92.4%)、水痘ワクチン(89.6%)の接種率は全国健康目標の90%付近を維持していたが、MMRとHepBの接種率は2009年に若干低下した。予防接種をいっさい受けていない小児の割合は低値 (<1%)を維持した。人種/民族別に分析した場合、PCVの接種率は黒人、非ラテンアメリカ系多民族(アメリカンインディアン/アラスカ先住民・アジア系以外)、アジア系が白人に比べて(それぞれ73.2%、73.1%、72.5%、83.4%)、ロタウイルスワクチンの接種率は黒人と非ラテンアメリカ系多民族が白人に比べて(38.0%、38.4%、46.4%)、HepAは黒人とアメリカンインディアン/アラスカ先住民が白人に比べて低かった (41.3%、33.2%、46.2%)。これらの接種率の差(黒人のロタウイルス接種率以外)は貧困状態とは無関係であった。高レベルの予防接種率持続、最近接種が勧告されたワクチンの接種率増加、接種率の格差をなくすための標的化ワクチン接種プログラムの実施、接種率の格差の理由や接種率改善戦略の実施に対する障壁を理解するための研究を支援するには、国、州、地域間などでの持続的なパートナーシップが必要である。

References

  • CDC. Reduction in rotavirus after vaccine introduction-United States, 2000-2009. MMWR 2009;48:1146-9.
  • CDC. Changes in measurement of Haemophilus influenzae serotype b (Hib) vaccination coverage-National Immunization Survey, United States, 2009. MMWR 2010;59:1069-72.
  • Chatterjee A, O’Keefe C. Current controversies in the USA regarding vaccine safety. Expert Rev Vaccines 2010;9:497-502.
  • Curns AT, Steiner CA, Barrett M, Hunter K, Wilson E, Parashar UD. Reduction in acute gastroenteritis hospitalizations among US children after introduction of rotavirus vaccine: analysis of hospital discharge data from 18 US states. J Infect Dis 2010;201:1607-10.
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19-35 months-United States, 2008. MMWR 2009;58:921-6.
  • Groom H, Kennedy A, Evans V, Fasano N. Qualitative analysis of immunization programs with most improved childhood vaccination coverage from 2001 to 2004. J Public Health Manag Pract 2010;16:E1-8.
  • Lee GM, Santoli JM, Hannan C, et al. Gaps in vaccine financing for underinsured children in the United States. JAMA 2007;298:638-43.
  • Coleman MS, Lindley MC, Ekong J, Rodewald L. Net financial gain or loss from vaccination in pediatric medical practices. Pediatrics 2009;124:S472-91.
  • Barron M, Wooten K, Taylor B. Comparing vaccination estimates from four survey designs: vaccination estimates from RDD, RDD+Cell, ABS, and area probability sampling. Presented at the 2010 Joint Statistical Meetings; July 31-August 5, 2010; Vancouver, British Columbia, Canada.
  • Task Force on Community Preventive Services. Recommendations regarding interventions to improve vaccination coverage in children, adolescents, and adults. Am J Prev Med 2000;18(1S):92-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ