一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)バイタルサイン:18歳以上の成人における現喫煙率-・・・

MMWR抄訳

rss

2010/09/10Vol. 59 / No. 35

MMWR59(35):1135-1140
Vital Signs: Current Cigarette Smoking Among Adults Aged =18 Years - United States, 2009

バイタルサイン:18歳以上の成人における現喫煙率-アメリカ、2009年

2009 National Health Interview Survey(NHIS)および2009 Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データから、2009年のアメリカにおける成人の現喫煙率の推計を行った。現喫煙者は生涯100本以上のタバコを吸い、現在、毎日または時々煙草を吸う者とした。その結果、2009年における現成人喫煙率は20.6%(約4,660万人)であり、うち78.1%(3,640万人)は毎日喫煙、21.9%(1,020万人)は時々喫煙していた。男女別では男性:23.5%、女性:17.9%であり、人種別では非ラテン系混合人種:29.5%、アメリカンインディアン/アラスカ原住民:23.2%、非ラテン系白人:22.1%、非ラテン系黒人:21.3%、ラテン系:14.5%、アジア系:12.0%の順であった。年齢別では18~24歳:21.8%、25~44歳:24.0%、45~64歳:21.9%、65歳以上:9.5%と年齢による大きな相違は認められず、教育レベルに関してはGED(高卒認定者)にて49.1%と最も高く、大学院修了者にて5.6%と最も低かった。地域別では中西部(23.1%)、南部(21.8%)、北東部(20.0%)、西部(16.4%)の順であり、州別ではケンタッキー州およびウェストバージニア州:25.6%~ユタ州:9.8%であった。また、年次推移では2005年:20.9%、2009年:20.6%と大きな変動は認めなかった。Healthy People 2010の目標値である12%以下には達しておらず、今後も病院での臨床的禁煙介入とともにタバコ税、メディアキャンペーン、禁煙政策などの強化による禁煙および喫煙開始の阻止を推進していく必要性が示される結果となった。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2004. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/sgr_2004/index.htm>.
  • CDC. Cigarette smoking among adults and trends in smoking cessation-United States, 2008. MMWR 2009;58: 1227-32.
  • Caraballo RS, Yee SL, Gfroerer J, Mizra SA. Adult tobacco use among racial and ethnic groups living in the United States, 2002-2005. Prev Chronic Dis 2008;5:1-9.
  • Siahpush M, McNeill A, Hammond D, Fong GT. Socioeconomic and country variations in knowledge of health risks of tobacco smoking and toxic constituents of smoke: results from the 2002 International Tobacco Control (ITC) Four Country Survey. Tob Control 2006;15(Suppl III):65-70.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/ tobacco/tobacco_control_programs/stateandcommunity/best_practices>.
  • CDC. Youth Risk Behavior Surveillance-United States, 2009. MMWR 2010;59(No. SS-5).
  • CDC. Cigarette use among high school students-United States, 1991-2009 MMWR 2010;59:797-801.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among person aged 17 years or older: third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988-1994. Am J Epidemiol 2001;153:807-14.
  • CDC. CDC Grand Rounds: current opportunities in tobacco control. MMWR 2010;59:487-92.
  • Land T, Warner D, Paskowsky M, et al. Medicaid coverage for tobacco dependence treatments in Massachusetts and associated decreases in smoking prevalence. PLoS One 2010;5:e9770.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ