一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)成人における野菜・果物の消費における州に特異的な傾・・・

MMWR抄訳

rss

2010/09/10Vol. 59 / No. 35

MMWR59(35):1125-1130
State-Specific Trends in Fruit and Vegetable Consumption Among Adults - United States, 2000-2009

成人における野菜・果物の消費における州に特異的な傾向-アメリカ、2000~2009年

果物や野菜の摂取は様々な疾患のリスクを低下させ、体重のコントロールにも重要な要素となるため、Healthy People 2010でも2歳以上の75%にて1日2回以上の果物、50%以上にて1日3回以上の野菜の摂取を目標としている。今回、CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データから、これらに関する州別の現状について分析を行った(サンプルサイズ:2000年:179,139、2002 年:238,852、2003年:255,657、2005年:347,278、2007年:420,217、2009年:420,968)。2009年における1日2回以上の果物摂取率は32.5%(ワシントンDC:40.2%~オクラホマ州:18.1%)、1日3回以上の野菜摂取率は26.3%(テネシー州:33.0%~サウスダコタ州:19.6%)であり、Healthy People 2010の目標に達する州は認められなかった。成人の35~45%が1日2回以上果物を摂取する州は12州とワシントンDCであり、1日3回以上野菜を摂取する州はなかった。2000~2009年において、1日2回以上の果物摂取率は34.4%から32.5%に有意に減少し、増加した州はハワイ、アイダホ、ルイジアナ、ワイオミング州の4州のみであり、22州とワシントンDCにて減少傾向が認められた。1日3回以上の野菜摂取率に関してはこの期間、有意な変動はなく(2000年:26.7%、2009年:26.3%)、11州とワシントンDCにて増加傾向、14州にて減少傾向が認められた。2009年における男女別では女性(1日2回以上の果物:36.1%、1日3回以上の野菜:30.9%)、年齢別では65歳以上(41.3%、29.0%)、教育レベルでは大卒以上(36.9%、32.2%)、年収別では$50,000以上(32.9%、29.4%)、BMIは25.0未満(36.6%、28.3%) にて野菜、果物ともに摂取率が高かった。今後はFruits and Veggies-More Matters Campaignなど、野菜や果物の消費を促進するための積極的な介入が必要であることが示唆された。

References

  • US Department of Health and Human Services, US Department of Agriculture. Dietary guidelines for Americans 2005. 6th ed. Washington, DC: US Government Printing Office; 2005.
  • He FJ, Nowson CA, Lucas M, MacGregor GA. Increased consumption of fruit and vegetables is related to a reduced risk of coronary heart disease: meta-analysis of cohort studies. J Hum Hypertens 2007;21:717-28.
  • CDC. Deaths: preliminary data for 2004. Natl Vital Stat Rep 2006;54(19).
  • Rolls BJ, Ello-Martin JA, Tohill BC. What can intervention studies tell us about the relationship between fruit and vegetable consumption and weight management? Nutr Rev 2004;62:1-17.
  • CDC. Fruit and vegetable consumption among adults-United States, 2005. MMWR 2007;56:213-7.
  • CDC. State indicator report on fruits and vegetables, 2009. US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.fruitsandveggiesmatter.gov/indicatorreport>. Accessed August 31, 2010.
  • Thompson FE, Kipnis V, Subar AF, et al. Evaluation of 2 brief instruments and a food-frequency questionnaire to estimate daily number of servings of fruit and vegetables. Am J Clin Nutr 2000;71:1503-10.
  • Thompson FE, Subar AF. Dietary assessment methodology. In: Coulston AM, Rock CL, Monsen ER, eds. Nutrition in the prevention and treatment of disease. San Diego, CA: Academic Press; 2001:3-30.
  • CDC. Wireless substitution: early release of estimates from the National Health Interview Survey, January-June 2009. US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless201005.pdf>. Accessed August 31, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ