一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)23価肺炎球菌多糖体ワクチン(PPSV23)を用い・・・

MMWR抄訳

rss

2010/09/03Vol. 59 / No. 34

MMWR59(34):1102-1106
Updated Recommendations for Prevention of Invasive Pneumococcal Disease Among Adults Using the 23-Valent Pneumococcal Polysaccharide Vaccine (PPSV23)

23価肺炎球菌多糖体ワクチン(PPSV23)を用いた成人における侵襲性肺炎球菌疾患の予防に関する最新勧告

侵襲性肺炎球菌疾患(IPD)はアメリカにおける罹病と死亡の主因である。この報告は、IPDの発症率の変化、成人におけるIPDの危険因子(喘息、喫煙)、23価肺炎球菌多糖体ワクチン(PPSV23)の効果と有効性に関する最近の知見について述べ、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)が発表した、65歳以上の全ての成人と重度肺炎球菌感染症のリスクを上昇させる基礎疾患のある19~64歳の成人における PPSV23を用いたIPD(菌血症、髄膜炎など)予防のための最新勧告を紹介する。アメリカでは2000年の乳児に対する7価結合型肺炎球菌ワクチン (PCV7)の定期接種導入によりIPDの発症率はかなり低下したが、それでも2009年には約43.500例がIPDを発症し、5,000例が死亡した。2010年から13価結合型肺炎球菌ワクチン(PCV13)予防接種プログラムが開始されるが、その効果を予測するのは難しい。PPSV23の有効性については、最近のあるメタアナリシスでIPDに対するワクチン効果が52%(7件の観察研究)、あるいは74%(10件の無作為化比較試験)と報告されている。今回の最新ACIP勧告では、1997年の勧告からの変更点として、まず喘息(慢性閉塞性肺疾患[COPD]を含む)と喫煙をIPDの危険因子と決定し、19~64歳の喘息患者と喫煙者へのPPSV23接種を推奨した。また65歳未満のアラスカ原住民あるいはアメリカンインディアンに対しては、他のPPSV23接種適応にあてはまらない場合PPSV23の定期接種を推奨しないこととした。IPDリスクが最も高い19~64歳の機能的・解剖学的無脾症および免疫不全患者に対するPPSV23再接種に関するACIP勧告の変更はない(初回接種から5年後に再接種)。乳児および18歳以下の青少年におけるPCV13とPPSV23を用いた肺炎球菌疾患予防のためのACIP勧告は別に発表される。

References

  • CDC. Active Bacterial Core Surveillance (ABCs) Report: Emerging Infections Program Network. Streptococcus pneumoniae, provisional-2009. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/abcs/reports-findings/survreports/spneu09.pdf>.
  • CDC. Prevention of pneumococcal disease: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 1997;46(No. RR-8).
  • CDC. Licensure of a 13-valent pneumococcal conjugate vaccine (PCV13) and recommendations for use among children-Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59:258-61.
  • Pilishvili T, Lexau C, Farley MM, et al. Sustained reductions in invasive pneumococcal disease in the era of conjugate vaccine. J Infect Dis 2010;201:32-41.
  • Singleton RJ, Butler JC, Bulkow LR, et al. Invasive pneumococcal disease epidemiology and effectiveness of 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine in Alaska Native adults. Vaccine 2007;25:2288-95.
  • Talbot TR, Hartert TV, Mitchel E, et al. Asthma as a risk factor for invasive pneumococcal disease. N Engl J Med 2005;352:2082-90.
  • Lee TA, Weaver FM, Weiss KB. Impact of pneumococcal vaccination on pneumonia rates in patients with COPD and asthma. J Gen Intern Med 2007;22:62-7.
  • Plouffe JF, Breiman RF, Facklam RR. Bacteremia with Streptococcus pneumoniae: implications for therapy and prevention. Franklin County Pneumonia Study Group. JAMA 1996;275:194-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ