一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)ヘモフィルスインフルエンザb型(Hib)ワクチン接・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/27Vol. 59 / No. 33

MMWR59(33):1069-1072
Changes in Measurement of Haemophilus influenzaeserotype b (Hib) Vaccination Coverage - National Immunization Survey, United States, 2009

ヘモフィルスインフルエンザb型(Hib)ワクチン接種率調査の変更-National Immunization Survey、アメリカ、2009年

アメリカでは2009年までMerck社とSanofi Pasteur社の2社に小児用のHibワクチン製剤の製造が認可されていた。Merck社の製剤は生後2、4ヶ月齢時に2回の初期接種と12~15ヶ月齢時に1回の追加接種(計3回)、Sanofi Pasteur社の製剤は2、4、6ヶ月齢時に3回の初期接種と12~15ヶ月齢時に1回の追加接種(計4回)を必要とする。しかし、National Immunization Survey(NIS)のワクチン接種率調査は製剤の種類に関する情報は要求しておらず、どちらの製剤でも3回以上の接種を受けた小児を完全接種とみなしていた。2007年12月、Merck社は2種のHibワクチン製剤(PedvaxHIB:一価Hibワクチン、Comvax:HepB混合ワクチン)の数ロットをリコールし、これら2製剤の製造を一時中止とした。このため2007年12月~2009年9月、Hibワクチンが不足する事態となり、 Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は一時的に追加接種を延期するよう勧告を出した。これにより、Sanofi Pasteur社の製剤で3回の初期接種を受けた小児が完全接種とみなされることになったため、NISは2009年1月よりワクチン接種率の調査方法を変更し、ワクチン製剤の製品名を報告させることとした。この報告項目の追加により、1)初期接種の完了、2)初期+追加接種の完了による完全接種についての調査が行われるようになった。2008年7月2日~2009年8月11日、50州およびワシントンDCにて、19~35ヶ月齢の小児がいる家庭を対象に RDD方式により行われた調査では、8,122名より回答が得られ、初期接種率:92.9%、完全接種率:56.9%、変更前の方法による完全接種率:82.9%と推定された。州別初期接種率はモンタナ州82.3%~アラバマ州:98.0%、完全接種率はウエストバージニア州:32.6%~アラスカ州:82.7%であり、変更前の方法による完全接種率はロードアイランド州:50.9%~ニューハンプシャー州:97.7%であった。CDCは今後もこの調査を継続し、製品別のHibワクチン接種率の動向を把握するとともに、ワクチンが不足していた時期の接種率と追加接種の状況について分析する予定である。

References

  • CDC. Interim recommendations for the use of Haemophilus influenzae type b (Hib) conjugate vaccines related to the recall of certain lots of Hib-containing vaccines (PedvaxHIB and Comvax). MMWR 2007;56:1318-20.
  • CDC. Licensure of a Haemophilus influenzae type b (Hib) vaccine (Hiberix) and updated recommendations for use of Hib vaccine. MMWR 2009;58:1008-9.
  • CDC. Haemophilus b conjugate vaccines for prevention of Haemophilus influenzae type b disease among infants and children two months of age and older: recommendations of the ACIP. MMWR 1991;40(No. RR-1).
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19-35 months-United States, 2008. MMWR 2009;58:921-6.
  • CDC. Updated recommendations for use of Haemophilus influenzae type b (Hib) vaccine: reinstatement of the booster dose at ages 12-15 months. MMWR 2009;58:673-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ