一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)ミドルおよびハイスクールの生徒におけるタバコの使用・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/27Vol. 59 / No. 33

MMWR59(33):1063-1068
Tobacco Use Among Middle and High School Students - United States, 2000-2009

ミドルおよびハイスクールの生徒におけるタバコの使用-アメリカ、2000~2009年

2000~2009 年、ミドルスクール(6~8年生)およびハイスクール(9~12年生)の生徒を対象としたNational Youth Tobacco Survey(NYTS)データがCDCにより分析された。2009年は50州およびワシントンDCより無作為に抽出した222校のうち205校 (92.3%)、22,697名(91.9%)より回答を得た(総回答率:84.8%)。2009年、ミドルスクールの生徒におけるタバコ使用率は 8.2%[紙巻タバコ:5.2%、葉巻:3.9%、無煙タバコ:2.6%、キセル:2.3%、ビディス(刻んだブラウンタバコを葉で包んだもの):1.6%、クレテック(クローブを使ったタバコ):1.2%]、ハイスクールの生徒では23.9%[紙巻タバコ:17.2%、葉巻:10.9%、無煙タバコ:6.7%、キセル:3.9%、ビディス:2.4%、クレテック:2.4%]であった。全体の喫煙率は2006~2009年の間、変動はなく、ミドルスクールでは女子および非ラテン系白人の紙巻タバコの喫煙率(それぞれ6.4から4.7%、6.5から4.3%)、ハイスクールでは女子の紙巻タバコの喫煙率(18.4から14.8%)、非ラテン系白人のビディスの喫煙率(2.6から1.7%)が有意に低下した。2000~2009年の間では、ミドルスクール、ハイスクールともに現喫煙率(それぞれ15.1から8.2%、34.5から23.9%)、現紙巻タバコ喫煙率(11.0から5.2%、28.0 から17.2%)、喫煙経験率(29.8から15.0%、39.4から30.1%)の低下が認められた。今後さらに喫煙率を低下させるには、広告、販促および入手の可能性の規制を強化し、包括的な抑制策の推進が必要であると考える。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2004. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2004/index.htm>. Accessed March 11, 2010.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Results from the 2008 National Survey on Drug Use and Health: national findings. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2009. Available at <http://www.oas.samhsa.gov/nsduh/2k8nsduh/2k8results.pdf>. Accessed August 20, 2010.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http:www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/stateandcommunity /best_practices/index.htm>. Accessed May 3, 2010.
  • CDC. CDC Grand Rounds: current opportunities in tobacco control. MMWR 2010;59:487-92.
  • National Cancer Institute. The role of the media in promoting and reducing tobacco use. Tobacco Control Monograph No. 19. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2008. Available at <http://cancercontrol.cancer.gov/tcrb/monographs/19/index.html>. Accessed August 20, 2010.
  • CDC. Youth tobacco surveillance-United States, 2000. MMWR 2001;50(No. SS-4).
  • Mowery PD, Farrelly MC, Haviland ML, Gable JM, Wells HE. Progression to established smoking among U.S. youth. Am J Public Health 2004;94:331-7.
  • CDC. Cigarette use among high school students-United States, 1991-2009. MMWR 2010;59:797-801.
  • CDC. Key outcome indicators for evaluating comprehensive tobacco control programs. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005.
  • Townsend L, Flisher A, King G. A systematic review of the relationship between high school dropout and substance use. Clin Child Fam Psychol Rev 2007;10:295-317.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ