一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)季節性インフルエンザによる死亡数推計値-アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/27Vol. 59 / No. 33

MMWR59(33):1057-1062
Estimates of Deaths Associated with Seasonal Influenza - United States, 1976-2007

季節性インフルエンザによる死亡数推計値-アメリカ、1976~2007年

アメリカにおけるインフルエンザ感染による死亡数は毎年数千に及び、とくに65歳以上の高齢者の季節性インフルエンザによる死亡が多く認められている。 CDCは数十年にわたりインフルエンザ関連死亡数の推計を行っているが、ここでは1976~2007年(31シーズン)におけるインフルエンザ関連死の死因を死亡証明書に記載されたICD-8、ICD-9およびICD-10コードにより肺炎/インフルエンザ、呼吸器/循環器系疾患に分け、ウイルス型およびサブタイプとの相関性の分析結果を報告する。1976~2007年、アメリカにおける肺炎/インフルエンザによる年間死亡数推計値は平均 6,309(1986-87年:961~2003-04年:14,715)、人口10万あたり2.4(0.4~5.1)であり、年齢別では19歳未満:97、19~64歳:666、65歳以上:5,546であった。呼吸器/循環器系疾患による年間死亡数推計値は平均23,607(1986-87 年:3,349~2003-04年:48,614)、人口10万あたり9.0(1.4~16.7)であり、19歳未満:124、19~64 歳:2,385、65歳以上:21,098であった。死亡者の年齢分布は肺炎/インフルエンザにて19歳以下:1.5、19~64歳:10.6、65歳以上:87.9%、呼吸器/循環器系疾患にてそれぞれ0.5、10.1、89.4%と同様の傾向が認められ、肺炎/インフルエンザによる死亡全体に占めるインフルエンザ関連死は6,309/74,363(8.5%)、呼吸器/循環器系疾患では23,607/1,132,319(2.1%)であった。ウイルス型の分析では、31シーズン中22シーズンにてインフルエンザA(H3N2)が最も顕著であり、平均年間死亡推計値は7,722(肺炎/インフルエンザ)、28,909(呼吸器/循環器系疾患)と、他の株[A(H1N1)、B]が顕著であった9シーズンに比べ約2.7倍高値であった(それぞれ 2,856、10,648)。

References

  • Thompson WW, Moore MR, Weintraub E, et al. Estimating influenza-associated deaths in the United States. Am J Pub Health 2009;99:S225-30.
  • Thompson WW, Shay DK, Weintraub E, et al. Mortality associated with influenza and respiratory syncytial virus in the United States. JAMA 2003;289:179-86.
  • Thompson WW, Weintraub E, Dhankhar P, et al. Estimates of US influenza-associated deaths made using four different methods. Influenza Other Respi Viruses 2009;3:37-49.
  • Simonsen L, Reichert TA, Viboud C, Blackwelder WC, Taylor RJ, Miller MA. Impact of influenza vaccination on seasonal mortality in the US elderly population. Arch Intern Med 2005;165:265-72.
  • Wiselka M. Influenza: diagnosis, management, and prophylaxis. BMJ 1994;308:1341-5.
  • Schanzer DL, Langley JM, Tam TW. Co-morbidities associated with influenza-attributed mortality, 1994-2000, Canada. Vaccine 2008;26:4697-703.
  • Newall AT, Viboud C, Wood JG. Influenza-attributable mortality in Australians aged more than 50 years: a comparison of different modelling approaches. Epidemiol Infect 2010;138:836-42.
  • Brammer L, Budd A, Cox N. Seasonal and pandemic influenza surveillance considerations for constructing multicomponent systems. Influenza Other Respi Viruses 2009:3,51-8.
  • CDC. Mortality data, multiple cause detail, 1972-2007. Public use data tapes contents and documentation package. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2007.
  • Russell CA, Jones TC, Barr IG, et al. Influenza vaccine strain selection and recent studies on the global migration of seasonal influenza viruses. Vaccine 2008;26(Suppl 4):D31-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ