一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)13~17歳の青少年における全国、州、地域のワクチ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/20Vol. 59 / No. 32

MMWR59(32):1018-1024
National, State, and Local Area Vaccination Coverage among Adolescents Aged 13-17 Years - United States, 2009

13~17歳の青少年における全国、州、地域のワクチン接種率-アメリカ、2009年

Advisory Committee for Immunization Practices(ACIP)は青少年に結合型髄膜炎菌ワクチン(MenACWY、1回)、破傷風・ジフテリア・無細胞性百日咳ワクチン(Tdap、1 回)、ヒトパピローマウイルスワクチン(HPV、3回、女性のみ)のルーチンでの接種を勧告している。また小児期に麻疹・ムンプス・風疹ワクチン (MMR、2回)、B型肝炎ワクチン(HepB、3回)、水痘ワクチン(VAR、2回)を接種していない青少年は、それらも接種する必要がある。CDCは 13~17歳の青少年におけるワクチン接種率を推定するため、2006年からNational Immunization Survey-Teen(NIS-Teen)を実施している。この報告は2009年NIS-Teenの結果をまとめ、2008年NIS-Teenのデータを更新する。2009年と2008年を比較した場合、青少年における3種類のルーチン接種ワクチンの接種率はTdap(2008年:40.8%、2009 年:55.6%)、MenACWY(それぞれ41.8%、53.6%)、HPV 1回以上(37.2%、44.3%)、HPV 3回以上(17.9%、26.7%)とも増加した。ワクチン接種率は州によって様々であり(Tdap:22.6%[ミシシッピ]~76.6%[コロラド]、MenACWY :19.3%[ミシシッピ]~78.3%[ワシントンDC]、HPV 1回:22.9%[ミシシッピ]~69.0%[マサチューセッツ])、4州(コネチカット、マサチューセッツ、ニューハンプシャー、ロードアイランド)はこれら3種類のルーチン接種ワクチンの接種率が全て60%であった。またHealthy People 2010で13~15歳の青少年における目標接種率が90%となっているワクチンのうち、HepB3回以上(91.2%)とVAR 1回以上(90.5%)が目標に到達した(MMR 2回以上:89.0%、破傷風・ジフテリアトキソイドワクチン(Td)/Tdap 1回以上:74.7%)。青少年におけるルーチン接種ワクチンの接種率は増加しているが、その接種率は小児期の定期接種ワクチンに比べて未だに低いため、今後も接種率が増加を続けるにはさらなる努力(接種率増加に成功している州の対策の普及など)が必要である。

References

  • CDC. Recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years-United States, 2010. MMWR 2010;58(51&52).
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among adolescents aged 13-17 years-United States, 2008. MMWR 2009;58:997-1001.
  • US Department of Health and Human Services. Objective 14-27: increase routine vaccination coverage levels for adolescents. Healthy People 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/objectives/14-27.htm>. Accessed August 13, 2010.
  • Knighton C, Thomas E, Stanwyck C. School-entry vaccination laws in the United States, 2009-2010: a brief overview. Presented at 44th National Immunization Conference, April 19-22, 2010, Atlanta, GA.
  • Dempsey AF, Abraham LM, Dalton V, Ruffin M. Understanding the reasons why mothers do or do not have their adolescent daughters vaccinated against human papillomavirus. Ann Epidemiol 2009;19:531-8.
  • Daley MF, Crane LA, Markowitz LE, et al. Human papillomavirus vaccination practices: survey of US physicians 18 months after licensure. Pediatrics, August 2, 2010. Epub ahead of print.
  • CDC. Limited supply of meningococcal conjugate vaccine, recommendation to defer vaccination of persons aged 11-12 years. MMWR 2006;55:567-8.
  • Copeland K, Dorell C, Khare M, Ormson AE, Wouhib A. Assessment of bias in the National Immunization Survey-Teen: an updated benchmark to the National Health Interview Survey. Presented at the 65th Annual American Association for Public Opinion Research Conference, May 13-16, 2010, Chicago, IL.
  • Stokley S, Rodewald LE, Maes EF. The impact of record scattering on the measurement of immunization coverage. Pediatrics 2001;107:91-6.
  • Committee on Practice and Ambulatory Medicine and Council on Community Pediatrics. Policy statement: increasing immunization coverage. Pediatrics 2010;125:1295-1304.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ