一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)最高興業収入映画における喫煙-アメリカ、1991~・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/20Vol. 59 / No. 32

MMWR59(32):1014-1017
Smoking in Top-Grossing Movies - United States, 1991-2009

最高興業収入映画における喫煙-アメリカ、1991~2009年

映画のスクリーン上での喫煙シーンは、青少年が喫煙を開始する可能性を高める。実際に、映画で喫煙シーンを見る回数が多い青少年・若年成人はその回数が少ない群に比べて喫煙を開始する可能性が高いことが明らかになっている。ポピュラーな映画における喫煙シーンの頻度を監視するため、Breathe California of Sacramento-Emigrant TrailsのプロジェクトであるThumbs Up! Thumbs Down! (TUTD)は1991~2009年にアメリカの最高興業収入映画を対象に喫煙シーンの頻度(インシデント)を数えた。この期間中の最高興業収入映画における喫煙インシデント数は1991~1997年が年間2,106~3,386であり、1998年は1,612に減少したが、その後増加して2005年に 3,967と最高となり、また徐々に減少して2009年には1,935となった。喫煙シーンのない最高興業収入映画の割合は、2009年に初めて50%を超えた(51%[74/145本])。また青少年が見てもよい映画(G/PG/PG-13)のうち喫煙シーンのない映画の割合も2003年以降増加して 2009年には61%(58/95本)となった。しかしPG-13のうち喫煙シーンのある映画の割合は、2009年でも54%(32/59本)とまだ高かった(2002~2003年:80%[107/133本]、2006~2008年:65%[133/205本])。効果的な対策を実施してポピュラーな映画での喫煙シーンをさらに減少させることにより、青少年の喫煙開始が減少する可能性がある。その方策としては、喫煙シーンのある映画のレーティング、喫煙シーンのある映画の上映前に強力な反タバコ広告を出すよう要求すること、映画の中でタバコのブランドを示すことの禁止、喫煙シーンのある映画のプロデューサに対して映画製作に関与した個人や企業がそのシーンのための報酬を受けていないことを証明するよう要求することなどがある。

References

  • National Cancer Institute. The role of the media in promoting and reducing tobacco use. Tobacco Control Monograph 19. Bethesda, MD: US National Cancer Institute; 2008.
  • Song AV, Ling PM, Neilands TB, et al. Smoking in movies and increased smoking among young adults. Am J Prev Med 2007;33:396-403.
  • Titus K, Polansky JR, Glantz S. Smoking presentation trends in U.S. movies 1991-2008. San Francisco, California: University of California San Francisco Center for Tobacco Control Research and Education; 2009. Available at <http://escholarship.org/uc/item/30q9j424>. Accessed February 14, 2010.
  • Harvard School of Public Health. Presentations to the Motion Picture Association of America on smoking in the movies. Boston, Massachusetts: Harvard University, School of Public Health; 2007. Available at <www.hsph.harvard.edu/mpaa>. Accessed August 12, 2010.
  • Polansky J, Mitchell S, Glantz S. Film-flam: how MPAA/NATO movie labels hide the biggest media risk to kids. San Francisco, CA: University of California San Francisco Center for Tobacco Control Research and Education; 2010. Available at <http://escholarship.org/uc/item/8hn866tt>. Accessed August 12,2010.
  • Millett C, Glantz S. Assigning an 18 rating to movies with tobacco imagery is essential to reduce youth smoking. Thorax 2010;65:377-8.
  • Sargent JD, Beach ML, Dalton MA, et al. Effect of parental R-rated movie restriction on adolescent smoking initiation: a prospective study. Pediatrics 2004;114:149-56.
  • World Health Organization. Smoke-free movies: from evidence to action. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.who.int/tobacco/smoke_free_movies/en>. Accessed August 13, 2010.
  • Fuson B. Study: G-rated fare more profitable. The Hollywood Reporter. June 7, 2005. Available at <www.hollywoodreporter.com/hr/search /article_display.jsp?vnu_content_id=1000947222>. Accessed August 13, 2010.
  • Glantz S. Smoking in movies: A major problem and a real solution. Lancet 2003;362:281-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ