一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)高校の運動選手における熱中症-アメリカ、2005~・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/20Vol. 59 / No. 32

MMWR59(32):1009-1013
Heat Illness Among High School Athletes - United States, 2005-2009

高校の運動選手における熱中症-アメリカ、2005~2009年

アメリカの高校の運動選手において、練習や競技会中の熱中症は死亡や身体障害の主因である。高校の運動選手における熱中症の発症率と特徴を検討するため、 CDCはNational High School Sports-Related Injury Surveillance Studyの2005~2009年のデータを分析した。この期間中、サンプルとした高校100校では調査対象の9種類のスポーツ活動により運動選手118 例が1日以上時間を損失する熱中症(時間損失熱中症)を発症した。時間損失熱中症の発症率は、スポーツ活動を行った10万人あたり1.6例、学年 (school year)あたり平均29.5例であった。これより、アメリカの高校運動選手における時間損失熱中症の発症数は平均年間9,237例と推定された。時間損失熱中症患者の多くはフットボール選手(70.7%)であり、フットボール選手の発症率(スポーツ活動を行った10万人あたり4.5例)はその他の8種類のスポーツの平均値(0.4例)の10倍であった。月別発症数は8月(66.3%)が最も多かった。熱中症のリスクを低下させるために、高校の運動プログラムは夏の練習期間と練習強度に制限を設けることなどを示したプレシーズン熱順応ガイドラインを含むNational Athletic Trainers’ Association(NATA)ガイドラインを順守する必要がある。全ての運動選手、コーチ、運動トレーナー、親/保護者は熱中症の危険因子を意識し、推奨戦略を順守し、発症時には速やかに対応できるよう準備しておく必要がある。またコーチは自分の選手たちにスポーツ活動の前・活動中・活動後に適切な水分補給を行うことの重要性を強調し続けるべきである。

References

  • Mueller FO, Cantu RC. Catastrophic sports injury research: twenty-sixth annual report. Chapel Hill, NC: University of North Carolina; 2008. Available at <http://www.unc.edu/depts/nccsi/AllSport.pdf>. Accessed August 13, 2010.
  • National Federation of State High School Associations. Participation survey results. Indianapolis, IN: National Federation of State High School Associations; 2010. Available at <http://www.nfhs.org/participation>. Accessed August 13, 2010.
  • Binkley HM, Beckett J, Casa DJ, Kleiner DM, Plummer PE. National Athletic Trainers’ Association position statement: exertional heat illnesses. J Athl Train 2002;37:329-43.
  • CDC. Sports-related injuries among high school athletes-United States, 2005-06 school year. MMWR 2006;55: 1037-40.
  • Collins CL, McIlvain NM, Yard EE, Comstock RD. National High School Sports-Related Injury Surveillance Study-2008-09 school year. Columbus, OH: Nationwide Children’s Hospital; 2009. Available at <http://injuryresearch.net/resources/1/rio /2008-09highschool%20riosummaryreport.pdf>. Accessed August 13, 2010.
  • Sanchez CA, Thomas KE, Malilay J, Annest JL. Nonfatal natural and environmental injuries treated in emergency departments, United States, 2001-2004. Fam Community Health 2010;33:3-10.
  • Cooper ER, Ferrara MS, Broglio SP. Exertional heat illness and environmental conditions during a single football season in the southeast. J Athl Train 2006;41:332-6.
  • Choate N, Forster C, Almquist J, Olsen C, Poth M. The prevalence of overweight in participants in high school extramural sports. J Adolesc Health 2007;40:283-5.
  • Casa DJ, Csillan D. Preseason heat-acclimatization guidelines for secondary school athletics. J Athl Train 2009;44:332-3.
  • Casa DJ, Armstrong LE, Hillman SK, Montain SJ, Reiff RV, et al. National Athletic Trainers’ Association position statement: fluid replacement for athletes. J Athl Train 2000;35:212-24.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ