一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)国立研究機関の介入による野生型ポリオウイルス封じ込・・・

MMWR抄訳

rss

2010/08/13Vol. 59 / No. 31

MMWR59(31):985-988
Completion of National Laboratory Inventories for Wild Poliovirus Containment - Region of the Americas, March 2010

国立研究機関の介入による野生型ポリオウイルス封じ込めの完了-アメリカ地域、2010年3月

1988 年5月、World Health Assemblyは野生型ポリオウイルス(WPV)の世界的伝播の根絶を発表し、2006年までにアフガニスタン、インド、ナイジェリア、パキスタンを除く全ての国々にて常在性WPVの伝播は終息している。しかし、研究用のWPV検体への感染によりWPV再導入の危険があることから、WPV検体を取り扱う研究施設を対象に、研究室封じ込め活動の第1段階として研究室の調査と保有記録の作成が行われた。ここでは2001~2010年におけるWHOのアメリカ地域に属する国や領土での第1段階の終了について報告する。調査は生物医学施設(n=67,362)のうち、高リスクまたは中リスク施設に分類された 15,541施設(高リスク:4,313、中リスク:11,228)全てと、低リスク施設(n=51,821)のうち44,077施設(85.1%)、計 59,618施設を対象に行われた。施設の内訳はウイルス学、大学、研究または公衆衛生施設:2,629、病院関連施設:10,372、臨床診断施設:41,438、環境、工業施設:5,179であった。調査前の検体保有に関しては高/中リスク施設では不明であるが、調査後の検体保有施設は215施設(アメリカ:180、カナダ:8、ブラジル:6、コスタリカ:6、アルゼンチン:5、メキシコ:4、グアテマラ:3、チリ:2、トリニダード・トバゴ:1)であり、3月5日の時点にてアメリカ地域での第1段階活動は完了した。今後、前出4カ国でのWPV根絶が確認された後、封じ込め活動は第2段階に入り、ここでは長期的な世界的根絶および封じ込めの認定が行われる。

References

  • World Health Organization. Eradication of poliomyelitis: report by the director-general. Resolution WHA52.8. Geneva, Switzerland: Fifty-second World Health Assembly; 1999. Available at <http://apps.who.int/gb/archive/pdf_files/wha52/ew8.pdf>.
  • World Health Organization. Eradication of poliomyelitis: report by the director-general. Resolution WHA61.1. Geneva, Switzerland: Sixty-first World Health Assembly; 2008. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/wha61-rec1/a61_rec1-part2- en.pdf>.
  • World Health Organization. WHO global action plan for laboratory containment of wild polioviruses. 2nd ed. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2004. Available at <http://www.polioeradication.org/content/publications/who-vb- 03-729.pdf>.
  • CDC. National laboratory inventory for global poliovirus containment-United States, November 2003. MMWR 2004;53:457-9.
  • CDC. National laboratory inventory for global poliovirus containment-European Region, June 2006. MMWR 2006;55:916-8.
  • CDC. National laboratory inventories for wild poliovirus containment-Western Pacific Region, 2008. MMWR 2009;58:975-8.
  • World Health Organization. WHO global action plan to minimize poliovirus facility-associated risk after eradication of wild polioviruses and cessation of routine OPV use [Draft]. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.polioeradication.org/content/publications /gapIIIworkingdraft_07.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ