一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)地域的インフルエンザA(H1N1)2009一価ワク・・・

MMWR抄訳

rss

2010/07/30Vol. 59 / No. 29

MMWR59(29):909-913
Regional Influenza A (H1N1) 2009 Monovalent Vaccination Campaign - Skokie, Illinois, October 16-December 31, 2009

地域的インフルエンザA(H1N1)2009一価ワクチン接種キャンペーン-イリノイ州スコーキー、2009年10月16日~12月31日

2009年7月29日、 Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)はハイリスク例に対するインフルエンザA(H1N1)一価ワクチンの接種に関する勧告を出し、イリノイ州ではこれを受けてワクチンの初回接種を地域の保健所や病院で接種することとした。ここでは2009年10月16日~12月31日に行われたイリノイ州のSkokie Health Department (SHD)によるワクチン接種キャンペーンについて報告する。SHDのキャンペーンは当初、スコーキーに在住する67,000人を対象としたが、11月4 日、全国的なワクチン不足から村郡境を超えてACIPの優先順位に従って接種することに変更された。キャンペーンは5期に分けて行われた。第1期は10月 21日~11月20日、39の公立および私立学校と13のデイケア施設にて小児、スタッフおよび6ヶ月齢未満の乳児の介護者、計8,904名を対象に実施された。第2期は10月16日~11月24日、キャンペーンのボランティアスタッフおよび救急医療関係者254名を含む1,171名に接種された。第3期は11月9日~25日、開業医および地域の病院にて10,858名に接種された。第4期は12月3日~12日、村郡境を超えてオンラインまたは電話予約にて接種を受け付け、計12,876名に接種された。第5期は12月14日~31日、ワクチン供給の回復を受けて6ヶ月齢以上の全ての住民を対象とし、長期療養施設入居者を含み7,041名に接種された。ワクチンは合計40,850名に接種され、うち54%はシカゴや近隣住民などスコーキーの住民ではなかった。SHDによるこのキャンペーンは1,075名ものボランティアスタッフの協力や、新聞、ラジオ、テレビ等による定期的な情報提供、迅速かつ柔軟な計画の変更調整などの地域努力により成功したものと考えられる。

References

  • CDC. Use of influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2009. MMWR 2009;58(No. RR-10).
  • Schwartz B, Wortley P. Mass vaccination for annual and pandemic influenza. Curr Top Microbiol Immunol 2006;304:131-52.
  • Fontanesi J, Hill L, Olson R, Bennett NM, Kopald D. Mass vaccination clinics versus appointments. J Med Pract Manage 2006;21:288-94.
  • CDC. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2009;58(No. RR-8).
  • CDC. Use of mass Tdap vaccination to control an outbreak of pertussis in a high school-Cook County, Illinois, September 2006-January 2007. MMWR 2008;57:796-9.
  • CDC. Interim results: state-specific influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccination coverage-United States, October 2009-January 2010. MMWR 2010;59:363-8.
  • Jones MM. The American Red Cross and local response to the 1918 influenza pandemic: a four-city case study. Public Health Rep 2010;125(Suppl 3):92-104.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ