一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)Cryptococcus gattiiの出現-太平・・・

MMWR抄訳

rss

2010/07/23Vol. 59 / No. 28

MMWR59(28):865-868
Emergence of Cryptococcus gattii- Pacific Northwest, 2004-2010

Cryptococcus gattiiの出現-太平洋岸北西部、2004~2010年

ヒトと動物のクリプトコッカス症のほぼ全ては、Cryptococcus neoformansかCryptococcus gattiiによるものである。C.gattii感染症の発症は、以前は主に熱帯・亜熱帯地域のHIV非感染者に限られていた。しかしカナダでは1999年にバンクーバー島、2004年には本土のブリティッシュコロンビア州でC.gattii感染症例が出現し始め、2007年末までに218例のC.gattii感染症例がBritish Columbia Centre for Disease Control(BCCDC)に報告されている(致死率9%)。アメリカでは、2004年にオレゴン州でバンクーバー島とブリティッシュコロンビア州でのアウトブレイクに関連したC.gattii感染症1例が報告され、その後2005年に1例、2006年、2007 年には12例が報告された。2008年、C.gattiiに対する緊急対応としてCDCと州および地域の公衆衛生局、BCCDCはCryptococcus gattii Public Health Working Groupを結成し、患者の疫学情報の収集などを開始した。アメリカでは、2004年1月1日~2010年7月1日に太平洋岸北西部の4州から全体で60 例のC.gattii感染症例がCDCに報告された(オレゴン州:43例、ワシントン州:15例、カリフォルニア州:1例、アイダホ州:1例)。60例中28例(54%)は男性、年齢は15~95歳であり、50~69歳が45%と最も多かった。渡航情報が得られた 52例のうち46例(88%)は、ブリティッシュコロンビア州や他のC.gattii風土病地域への旅行歴はないと回答し、居住地域で感染した可能性が示唆された。感染症リスクの情報が得られた47例中38例(81%)はハイリスク状態であり、そのうち3例はHIV 感染者であった。転帰情報が得られた45例中9例(20%)はC.gattii感染症が原因で死亡し、6例 (13%)はC.gattii感染症発症時に他の原因により死亡した。医師は、太平洋岸北西部の住民や同地域あるいはその他のC.gattii風土病地域を訪れた経験のあるクリプトコッカス症疑い例(特にHIV非感染者)の病因としてC.gattiiを考慮する必要がある。

References

  • Dixit A, Carroll SF, Qureshi ST. Cryptococcus gattii: an emerging cause of fungal disease in North America. Interdiscip Perspect Infect Dis 2009:840452. Epub May 25, 2009.
  • Datta K, Bartlett KH; Baer R, et al. Spread of Cryptococcus gattii into Pacific Northwest Region of the United States. Emerg Infect Dis 2009;15:1185-91.
  • Byrnes EJ III, Bildfell RJ, Frank SA, Mitchell TG, Marr KA, Heitman J. Molecular evidence that the range of the Vancouver Island outbreak of Cryptococcus gattii infection has expanded into the Pacific Northwest in the United States. J Infect Dis 2009;199:1081-6.
  • MacDougall L, Kidd SE, Galanis E, et al. Spread of Cryptococcus gattii in British Columbia, Canada, and detection in the Pacific Northwest, USA. Emerg Infect Dis 2007;13:42-50.
  • Galanis E, Macdougall L. Epidemiology of Cryptococcus gattii, British Columbia, Canada, 1999-2007. Emerg Infect Dis 2010;16:251-7.
  • Kidd SE, Chow Y, Mak S, et al. Characterization of environmental sources of the human and animal pathogen Cryptococcus gattii in British Columbia, Canada, and the Pacific Northwest of the United States. Appl Environ Microbiol 2007;73:1433-43.
  • Upton A, Fraser JA, Kidd SE, et al. First contemporary case of human infection with Cryptococcus gattii in Puget Sound: evidence for spread of the Vancouver Island outbreak. J Clin Microbiol 2007;45:3086-8.
  • Sorrell TC. Cryptococcus neoformans variety gattii. Med Mycol 2001;39:155-68.
  • Fyfe M, MacDougall L, Romney M, et al. Cryptococcus gattii infections on Vancouver Island, British Columbia, Canada: emergence of a tropical fungus in a temperate environment. Can Commun Dis Rep 2008;34:1-12.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ