一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)2歳児におけるテレビ、ビデオの視聴時間-オレゴン州・・・

MMWR抄訳

rss

2010/07/16Vol. 59 / No. 27

MMWR59(27):837-841
Television and Video Viewing Time Among Children Aged 2 Years - Oregon, 2006-2007

2歳児におけるテレビ、ビデオの視聴時間-オレゴン州、2006~2007年

幼少期のテレビやビデオへの過度の曝露は小児期の発達や肥満との関連性が指摘されており、2001年、American Academy of Pediatrics(AAP)は、小児がテレビを観る時間は、質の良い番組を1日1~2時間以内とし、子供の寝室にはテレビを置かないよう勧告を出した。CDCとオレゴン州公衆衛生局は2歳児におけるテレビやビデオへの過度の曝露に関するリスクを2006および2007年のOregon Pregnancy Risk Assessment Monitoring Survey follow-back survey(Oregon PRAMS-2)データから分析した(オレゴン州においてのPRAMSは1998年より継続して行われており、2006年から子供の年齢が2歳である回答者へこの件に関し再度質問を行っている)。回答率は2006年51.1%、2007年62.5%、総回答数は1,911、分析対象は1,868名であり、通常、1日の視聴時間が2時間を超える2歳児は19.6%であった。母親の人種により有意差が認められ、非ラテン系白人に比べ、非ラテン系黒人にて有意に高く(18.6%対35.9%)、また、寝室にテレビがあるとの回答は18.2%、寝室にテレビがない場合に比べ、視聴時間が2時間を超えるが有意に多く認められた(16.3%対34.1%)。公園、遊び場、図書館または子供向けのプログラムや活動などへの外出が週4回未満では22.8%が2時間以上テレビを観ており(週4回以上外出では14.5%)、ケアセンターに通うでは7.8%と少なかった(通っていないでは23.2%、祖父母宅やシッターなど他のケアプログラムを受けているでは18.6%)。多変量ロジスティック解析においても2時間以上の視聴時間と寝室のテレビ(APR=2.9)、非ラテン系黒人の母親(APR=1.9)、少ない外出(APR=1.6)との相関が認められた。これらの結果はAAPの出している勧告をサポートします。他の州も同様の調査を行うことを検討すべきである。

References

  • Christakis DA. The effects of infant media usage: what do we know and what should we learn? Acta Pediatrica 2009;98:8-16.
  • Dennison BA, Erb TA, Jenkins PL. Television viewing and television in bedroom associated with overweight risk among low-income preschool children. Pediatrics 2002;109:1028-35.
  • American Academy of Pediatrics Committee on Public Education. Children, adolescents, and television. Pediatrics 2001;107:423-6.
  • Zimmerman FJ, Christakis DA, Meltzoff AN. Television and DVD/video viewing in children younger than 2 years. Arch Pediatr Adolesc Med 2007;161:473-9.
  • Burdette HL, Whitaker RC, Kahn RS, Harvey-Berino J. Association of maternal obesity and depressive symptoms with television-viewing time in low-income preschool children. Arch Pediatr Adolesc Med 2003;157:894-9.
  • Christakis DA, Garrison MM. Preschool-aged children’s television viewing in child care settings. Pediatrics 2009;124:1627-32.
  • Thompson DA, Christakis DA. The association between television viewing and irregular sleep schedules among children less than 3 years of age. Pediatrics 2005;116:851-6.
  • Certain LK, Kahn RS. Prevalence, correlates, and trajectory of television viewing among infants and toddlers. Pediatrics 2002;109:634-42.
  • Pagani LS, Fitzpatrick C, Barnett TA, Dubow E. Prospective associations between early childhood television exposure and academic, psychosocial, and physical well-being by middle childhood. Arch Pediatric Adolesc Med 2010;164:425-31.
  • Rideout VJ, Foehr UG, Roberts DF. Generation M2: media in the lives of 8- to 18-year-olds. Menlo Park, CA: Kaiser Family Foundation; 2010. Available at <http://www.kff.org/entmedia/mh012010pkg.cfm>. Accessed July 8, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ