一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)バイタルサイン:50~74歳の女性における乳癌スク・・・

MMWR抄訳

rss

2010/07/09Vol. 59 / No. 26

MMWR59(26):813-816
Vital Signs: Breast Cancer Screening Among Women Aged 50-74 Years - United States, 2008

バイタルサイン:50~74歳の女性における乳癌スクリーニング-アメリカ、2008年

アメリカの女性において乳癌による死亡者数は全ての癌の中で2位であり、毎年40,000人以上の女性が乳癌により死亡する。乳癌スクリーニングと効果的な治療を実施することにより死亡率は低下する。アメリカにおけるマンモグラフィー実施率を推定するため、CDCは2年ごとにBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のデータを分析している。このバイタルサイン報告では、50~74歳の女性における最新のマンモグラフィー実施率について述べる。2008年のBRFSSデータによると、アメリカの50~74歳の女性(120,095人)における年齢調整マンモグラフィー実施率は81.1% (117,450人)であり、1997年(77.5%)からは増加したが2006年(81.5%)と同様であった。サブグループ分析によると、50~59 歳群(79.9%)、高校卒業未満群(72.6%)、アメリカンインディアン/アラスカ原住民(70.4%)、低所得者群(年間世帯所得<15,000ドル)(69.4%)、健康保険未加入者群(56.3%)の実施率が最も低かった。また実施率は州により異なり(72.1%[ネバダ州]~89.8%[マサチューセッツ州])、アメリカ北東部における実施率が最も高かった。マンモグラフィー実施率は近年安定しているが、サブグループ内での格差は依然として持続していた。マンモグラフィー実施率の5%上昇により毎年560人の乳癌死を防ぐことが可能である。乳癌スクリーニングの実施率を上昇させるためには、健康保険加入率の増加とマンモグラフィースクリーニング費用の減少、エビデンスに基づく介入(ビデオ・パンフレット・ちらしなどの活用、女性のマンツーマン教育、構造的障壁の低下[より利用しやすい時間、言語の配慮、健康教育、文化的因子など])の実施拡大が必要であり、それにより健康状態も改善すると思われる。

References

  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999-2006 incidence and mortality web-based report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, and National Cancer Institute; 2010. Available at: <http://www.cdc.gov/uscs>. Accessed June 23, 2010.
  • Edwards BK, Ward E, Kohler BA, et al. Annual report to the nation on the status of cancer, 1975-2006, featuring colorectal cancer trends and impact of interventions (risk factors, screening, and treatment) to reduce future rates. Cancer 2010;116:544-73.
  • Berry DA, Cronin KA, Plevritis SK, et al. Cancer Intervention and Surveillance Modeling Network (CISNET) collaborators. Effect of screening and adjuvant therapy on mortality from breast cancer. N Engl J Med 2005 Oct 27;353:1784-92.
  • CDC. Health, United States, 2009: with special feature on medical technology. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2010. Available at< http://www.cdc.gov/nchs/data/hus/hus09.pdf>. Accessed June 20, 2010.
  • Miller JW, King JB, Ryerson AB, Eheman CR, White MC. Mammography use from 2000 to 2006: state-level trends with corresponding breast cancer incidence rates. Am J Roentgenol 2009;192:352-60.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/brfss>. Accessed June 20, 2010.
  • US Preventive Services Task Force. Screening for breast cancer: recommendation statement. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2009. Available at http://www.ahrq.gov/clinic/uspstf09/breastcancer/brcanrs.htm. Accessed June 20, 2010.
  • Farley TA, Dalal MA, Mostashari F, Frieden TR. Deaths preventable in the U.S. by improvements in use of clinical preventive services. Am J Prev Med 2010;38:600-9.
  • Elting LS, Cooksley CD, Bekele BN, et al. Mammography capacity impact on screening rates and breast cancer stage at diagnosis. Am J Prev Med 2009;37:102-8.
  • Schueler KM, Chu PW, Smith-Bindman R. Factors associated with mammography utilization: a systematic quantitative review of the literature. J Womens Health 2008;17:1477-98.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ