一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)バイタルサイン:50~75歳の成人における大腸癌ス・・・

MMWR抄訳

rss

2010/07/09Vol. 59 / No. 26

MMWR59(26):808-812
Vital Signs: Colorectal Cancer Screening Among Adults Aged 50-75 Years - United States, 2008

バイタルサイン:50~75歳の成人における大腸癌スクリーニング-アメリカ、2008年

アメリカにおいて大腸癌(CRC)による死亡者数は全ての癌の中で2位であり(非喫煙者では1位)、毎年53,000人以上がCRCにより死亡する。統計モデルによると、現在の健康行動・スクリーニング・治療における傾向が継続した場合、アメリカ住民のCRCによる死亡率は2020年までには2000年に比べて36%低下すると予測される。アメリカにおける最新のCRCスクリーニング実施率を推定するため、CDCは2年ごとにBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のデータを分析している。このバイタルサイン報告では、50~75歳の成人における最新のCRCスクリーニング実施状況(過去 1年以内の便潜血検査[FOBT]、あるいは過去10年以内の下部消化管内視鏡検査[S状結腸鏡検査・結腸鏡検査])について述べる。2008年の BRFSSデータによると、アメリカの50~75歳の成人(201,157人)における全体的な年齢調整CRCスクリーニングの実施率は62.9%であり、2002年の51.9%から増加した。サブグループ分析によると、スクリーニング実施率は50~59歳群(53.9%)、ラテンアメリカ系 (49.8%)、低所得者群(年間世帯所得<15,000ドル)(47.6%)、高校卒業未満群(46.1%)、健康保険未加入者群(35.6%)が最も低かった。スクリーニング実施率は州によっても異なり(53.2%[オクラホマ州]~74.1%[マサチューセッツ州])、アメリカ北東部における実施率が最高であった。以上、CRCスクリーニング実施率は増加し続けているが、一部の集団では依然として実施率が低かった。結腸鏡検査実施率の10%上昇により毎年1,900人の死亡を防ぐことが可能である。医療保険法の改革によりCRCスクリーニングの費用に関する障壁は排除される可能性があるが、スクリーニング実施にはその他にも多くの障壁が残っている。公衆衛生・医療機関はエビデンスに基づく介入(適切な検査と経過観察の確実な実施など)行うべきであり、また公衆衛生サーベイランとCRCスクリーニングの有益性を一般人に理解させるための取り組みを今後さらに拡大する必要がある。

References

  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999-2006 incidence and mortality web-based report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, and National Cancer Institute; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/uscs>. Accessed June 23, 2010.
  • Winawer SJ, Zauber AG, Ho MN, et al. Prevention of colorectal cancer by colonoscopic polypectomy. The National Polyp Study Workgroup. N Engl J Med 1993;329:1977-81.
  • CDC. Use of colorectal cancer tests-United States, 2002, 2004, and 2006. MMWR 2008;57:253-8.
  • US Preventive Services Task Force. Screening for colorectal cancer. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2008. Available at <http://www.ahrq.gov/clinic/uspstf/uspscolo.htm>. Accessed June 20, 2010.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/brfss>. Accessed June 20, 2010.
  • American Cancer Society. Cancer prevention and early detection facts and figures 2010. Atlanta, GA: American Cancer Society; 2010. Available at <http://www.cancer.org/research/cancerfactsfigures /cancerpreventionearlydetectionfactsfigures/index>. Accessed July 6, 2010.
  • Edwards BK, Ward E, Kohler BA, et al. Annual report to the nation on the status of cancer, 1975-2006, featuring colorectal cancer trends and impact of interventions (risk factors, screening, and treatment) to reduce future rates. Cancer 2010;116:544-73.
  • The Patient Protection and Affordable Care Act. Pub. L. No. 111-148. Available at <http://frwebgate.access.gpo.gov/cgi-bin/getdoc.cgi?dbname=111_cong_bills&docid=f:h3590 enr.txt.pdf>. Accessed June 20, 2010.
  • Wender RC, Altshuler M. Can the medical home reduce cancer morbidity and mortality? Prim Care 2009;36:845-58.
  • New York City Department of Health and Mental Hygiene. A practical guide to increasing screening colonoscopy: proven methods for health care facilities to prevent colorectal cancer deaths. New York, NY: New York City Department of Health and Mental Hygiene; 2006. Available at <http://www.nyc.gov/html/doh/downloads/pdf/cancer/cancer-colonoscopy- guide.pdf>. Accessed June 20, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ