一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)高校生における喫煙-アメリカ、1991~2009年

MMWR抄訳

rss

2010/07/09Vol. 59 / No. 26

MMWR59(26):797-801
Cigarette Use Among High School Students - United States, 1991-2009

高校生における喫煙-アメリカ、1991~2009年

アメリカの高校生における喫煙傾向を評価するため、CDCは2年ごとに50州およびワシントンDCにおける9~12年生の高校生を対象とした全国Youth Risk Behavior Survey(YRBS)のデータを分析している。この2010年報告は、以前の報告を更新し1991~2009年の生涯喫煙・現在喫煙・現在の頻繁な喫煙の傾向をまとめたものである。生涯喫煙率(喫煙経験あり)は1991年(70.1%)から1999年(70.4%)までは変化がみられず、その後急激に低下して2003年には58.4%になり、さらに緩やかに低下して2009年には46.3%となった。現在喫煙率(調査前30日間に1日以上喫煙)は 1991年から1997年にかけて27.5%から36.4%まで増加したが、その後急激に低下して2003年には21.9%になり、さらに緩やかに低下して2009年には19.5%となった。現在頻繁喫煙率(調査前30日間に20日以上喫煙)も1991年から1999年にかけて12.7%から16.8%に増加したが、2003年には9.7%まで急激に低下し、さらに緩やかに低下して2009年には7.3%となった。以上、これら3項目の喫煙率は1990年代後期に低下し始めたが、その低下傾向は2003年から2009年にかけて緩やかになったことが明らかになった。タバコによる健康被害を減少させるためには、若者の喫煙開始を防ぐためのエビデンスに基づいた最も効果的な戦略(タバコ製品の値上げ、無煙環境政策、マスメディアの反タバコキャンペーンなど)を実施するとともにタバコ製品の広告や販売促進を規制する必要がある。

References

  • CDC. Cigarette use among high school students-United States, 1991-2007. MMWR 2008;57:686-8.
  • Zaza S, Briss PA, Harris KW, eds. Tobacco. In: The guide to community preventive services: what works to promote health? New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at <http://www.thecommunityguide.org/tobacco/default.htm>. Accessed July 1, 2010.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www. cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/stateand community/best_practices>. Accessed July 1, 2010.
  • Institute of Medicine. Ending the tobacco problem: a blueprint for the nation. Washington DC: National Academies Press; 2007.
  • CDC. CDC grand rounds: current opportunities in tobacco control. MMWR 2010;59:487-92.
  • Johnston LD, O’Malley PM, Bachman JG, Schulenberg JE. Trends in prevalence of use of cigarettes in grades 8, 10, and 12. Table 1. Ann Arbor, MI: University of Michigan; 2009. Available at <http://monitoringthefuture.org/data/09data.html#2009data-cigs>. Accessed July 1, 2010.
  • Nelson DE, Mowery P, Asman K, et al. Long-term trends in adolescent and young adult smoking in the United States: metapatterns and implications. Am J Public Health 2008;98: 905-17.
  • National Cancer Institute. The role of the media in promoting and reducing tobacco use. Tobacco control monograph no. 19. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2008. Available at <http://cancercontrol.cancer.gov/tcrb/monographs/19/m19_complete.pdf>. Accessed July 1, 2010.
  • Catalid EF, Laird J, KewalRamani A. High school dropout and completion rates in the United States: 2007. Washington, DC: US Department of Education, National Center for Education Statistics, 2007. Available at <http://nces.ed.gov/pubs2009/2009064.pdf>. Accessed July 1, 2010.
  • Brener ND, Kann L, McManus T, Kinchen SA, Sundberg EC, Ross JG. Reliability of the 1999 Youth Risk Behavior Survey questionnaire. J Adolesc Health 2002;31:336-42.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ