一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)12~23ヶ月齢のアメリカ人小児におけるA型肝炎ワ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/07/02Vol. 59 / No. 25

MMWR59(25):776-779
Hepatitis A Vaccination Coverage Among U.S. Children Aged 12-23 Months - Immunization Information System Sentinel Sites, 2006-2009 

12~23ヶ月齢のアメリカ人小児におけるA型肝炎ワクチン接種率-センチネル州におけるImmunization Information System、2006~2009年

A型肝炎ワクチンは1995年、24ヶ月齢以上の小児に対する2回接種が承認され、1996年および 1999年にはAdvisory Committee on Immunization Practices(ACIP)が定期接種化を勧告している。2005年8月には接種対象が12ヶ月齡以上に下げられ、さらに2006年5月、全ての 12~23ヶ月齡の小児に対する定期接種が推奨され、その結果、2007年のアメリカにおけるA型肝炎発症率は歴史的低値となった。今回、CDCは 2006~2009年の12~23ヶ月齡の小児におけるA型肝炎ワクチン接種率を、アリゾナ(調査対象:12,656名)、コロラド(2,223名)、ミシガン(85,430名)、ミネソタ(18,741名)、オレゴン(18,710名)、ウイスコンシン(15,344名)、ノースダコタ州(10,393 名)およびニューヨーク市(143,533名)のImmunization Information System(IIS)データより分析した。その結果、2006年における1回以上のワクチン接種率は平均17%(11~26%)であり、2009年にはミシガン、ノースダコタ、オレゴンおよびウイスコンシン州にて50%を超え、他の地域でも29~49%となり、平均接種率は47%であった。2回以上の完全接種率は2006年:1%、2009年:15%であるが、1回接種率、完全接種率ともに2007年第2四半期以降はほぼ横ばい状態であり、12~23ヶ月齡の小児におけるA型肝炎ワクチンの接種率の伸びは遅いことが明らかとなった。A型肝炎ワクチンは1回接種の免疫原性は高く、2回接種により長期的効果が得られる。接種の間隔は免疫原性への影響がないため、1回接種例に対し、2回目の接種を呼びかけている。また、就学前の接種を義務付けるなど、全ての小児に対する接種が積極的に推進されている。

References

  • CDC. Prevention of hepatitis A through active or passive immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 1996;45(No. RR-15).
  • CDC. Prevention of hepatitis A through active or passive immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 1999;48(No. RR-12).
  • CDC. Prevention of hepatitis A through active or passive immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2006;55(No. RR-7).
  • CDC. Surveillance for acute viral hepatitis-United States, 2007. Surveillance Summaries, May 22, 2009. MMWR 2009;58(No. SS-3).
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19-35 months-United States, 2008. MMWR 2009;58:921-6.
  • Orenstein WA, Hinman AR. The immunization system in the United States-the role of school immunization laws. Vaccine 1999;17(Suppl 3):S19-24.
  • Task Force on Community Preventive Services. Recommendations regarding interventions to improve vaccination coverage in children, adolescents, and adults. Am J Prev Med 2000;18:92-6.
  • Briss PA, Rodewald LE, Hinman AR, et al. Reviews of evidence regarding interventions to improve vaccination coverage in children, adolescents, and adults. Am J Prev Med 2000;18:97-140.
  • Armstrong GL, Billah K, Rein DB, Hicks KA, Wirth KE, Bell BP. The economics of routine childhood hepatitis A immunization in the United States: the impact of herd immunity. Pediatrics 2007;119:e22-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ