一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)刑務所におけるルーチンでのHIV検査-ロードアイラ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/06/25Vol. 59 / No. 24

MMWR59(24):742-745
Routine Jail-Based HIV Testing - Rhode Island, 2000-2007

刑務所におけるルーチンでのHIV検査-ロードアイランド、2000~2007年

アメリカの収監者におけるHIV感染症の有病率は、コミュニティ内住民に比べて約4倍高い(それぞれ1.5%、0.4%)。2006年、CDCはアメリカにおけるHIV感染症の診断増加とHIV伝播減少のため、更生施設などにおけるルーチンでの臨床評価の一部としてHIV検査の実施を勧告した。しかし勾留者は回転が速いため、刑務所内での検査はロジスティック的に困難である。2009年、Rhode Island Department of Corrections(RIDOC)は刑務所内でのHIV患者診断数とHIV危険因子の特徴を評価し、検査延期により検査が受けられなかった可能性のある勾留者の割合を推定するため、2000~2007年の刑務所勾留者のHIV検査の記録をレビューした。この期間中に収監された140,739名中 102,229名(73%)がHIV検査を受け(2回以上逮捕され検査を2回以上受けた勾留者を考慮した場合の検査受検者:推定4万~6万名)、169名が新たにHIV感染症と診断された。各種データが得られた新規HIV感染症診断例168名のうち151名(90%)は男性、133名(79%)は 30~49歳であり、人種/民族としては62名(37%)がラテンアメリカ系、58名(35%)が非ラテンアメリカ系黒人、46名(27%)が非ラテンアメリカ系白人であった。また44名(26%)は注射薬使用者(IDU)、27名(16%)は男性同性愛者(MSM)であり、80名(48%)はHIV危険因子を有していなかった。169名中72名(43%)は収監後7日以内(49名は48時間以内)に釈放された。HIV検査は刑務所入所から24時間以内に実施されたが、HIV検査が7日間延期された場合にはこれら釈放者のHIV診断・ケアの遅れやHIV伝播のリスク持続をもたらした可能性があった。刑務所内でのHIV患者の確認を最大限にするため、報告された危険因子にかかわらず全ての勾留者に対して収監早期に初回臨床評価の一部として任意HIV検査を実施するべきである。

References

  • Maruschak L. Bureau of Justice Statistics Bulletin: HIV in prisons, 2007-2008. Washington, DC: US Department of Justice; 2009. Available at <http://bjs.ojp.usdoj.gov/content/pub/pdf/hivp08.pdf>. Accessed June 23, 2010.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • Marks G, Crepaz N, Janssen RS. Estimating sexual transmission of HIV from persons aware and unaware that they are infected with the virus in the USA. AIDS 2006;20:1447-50.
  • Braithwaite RL, Arriola KR. Male prisoners and HIV prevention: a call for action ignored. Am J Public Health 2003;93:759-63.
  • MacGowan R, Margolis A, Richardson-Moore A, et al. Voluntary rapid human immunodeficiency virus (HIV) testing in jails. Sex Transm Dis 2009;36(2 Suppl):S9-13.
  • Rhode Island Department of Health. 2008 Rhode Island HIV/AIDS epidemiologic profile with surrogate data. Providence, RI: Rhode Island Department of Health; 2008. Available at <http://www.health.ri.gov/publications/epidemiologicalprofiles /HIVAIDSWithSurrogateData.pdf>. Accessed June 21, 2010.
  • Kavasery R, Maru D, Cornman-Homonoff J, Sylla L, Smith D, Altice F. Routine opt-out HIV testing strategies in a female jail setting: a prospective controlled trial. PLoS One 2009;4:e7648.
  • Kavasery R, Maru D, Sylla L, Smith D, Altice F. A prospective trial of routine opt-out HIV testing in a men’s jail. PLoS One 2009;4:e8056.
  • Rosen DL, Schoenbach VJ, Wohl DA, White BL, Stewart PW, Golin CE. Characteristics and behaviors associated with HIV infection among inmates in the North Carolina prison system. Am J Public Health 2009;99:1123-30.
  • CDC. HIV testing implementation guidance for correctional settings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/testing/resources/guidelines /correctional-settings>. Accessed June 21, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ