一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)HIV検査の拡大とHIV感染症診断の傾向-コロンビ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/06/25Vol. 59 / No. 24

MMWR59(24):737-741
Expanded HIV Testing and Trends in Diagnoses of HIV Infection - District of Columbia, 2004-2008

HIV検査の拡大とHIV感染症診断の傾向-コロンビアDC、2004~2008年

ワシントンDC(DC)のHIV有病率はアメリカ全体の有病率の約10倍であり、ボルチモア、フィラデルフィア、ニューヨーク市、デトロイト、シカゴといった都市よりも高い。CDCは2006年にHIV検査勧告を更新し、13~64歳の全ての人々を対象とした保健医療現場におけるルーチンでの任意HIVスクリーニング実施を含めた。DC Department of Health(DCDOH)はこれらの勧告に基づき、2006年6月からHIV予防戦略(簡易HIVスクリーニング検査やHIV教育のための社会的マーケティングキャンペーンの実施、HIV陽性例の医療サービスへの受診促進)を強化した。CDCとDCDOHは最近のHIV疾患と検査の傾向を調査するため、 DCのHIV患者サーベイランスデータ、HIV検査データ、Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のデータを分析した。2004~2008年に全体で3,312例が新たにAIDSと診断され、そのうち2,836例 (86.0%)は黒人/アフリカ系アメリカ人であった。新規診断AIDSの有病率(10万人あたり)は2004年の164例から2007年には137例、 2008年には107例に持続的に低下した。人種/民族別の新規診断AIDS患者数・有病率は黒人/アフリカ系アメリカ人が白人およびラテンアメリカ系 /ラテンアメリカ人に比べて高かった。BRFSSデータによると、過去12ヶ月以内のHIV検査の受検率は2005年の15%から2007年には19%に有意に増加した。これらの指標の改善の原因は不明であり特定の介入と関連づけることはできないが、HIV検査や保健医療サービス受診の拡大とともに社会的マーケティングやHIV教育といった予防戦略の強化によりDCにおけるHIV流行が遮断し人種/民族間格差が解消される可能性がある。

References

  • Government of the District of Columbia Department of Health. HIV/AIDS, hepatitis, STD, and TB epidemiology annual report: 2009 update. Washington, DC: Government of the District of Columbia Department of Health; 2010. Available at <http://dchealth.dc.gov/doh/frames.asp?doc=/doh/lib/doh/services /administration_offices/hiv_aids/pdf /annual_report_hahsta_march_2010.pdf>. Accessed June 17, 2010.
  • Magnus M, Kuo I, Shelley K, et al. Risk factors driving the emergence of a generalized heterosexual HIV epidemic in Washington, District of Columbia networks at risk. AIDS 2009;23:1277-84.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • CDC. About the BRFSS: turning information into public health. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/about.htm>. Accessed June 17, 2010.
  • Greenberg AE, Hader SL, Masur H, et al. Fighting HIV/AIDS in Washington, DC. Health Affairs 2009;28:1677-87.
  • Government of the District of Columbia Department of Health. District of Columbia HIV-AIDS reporting requirements (effective November 17, 2006). Washington, DC: Government of the District of Columbia Department of Health; 2006. Available at <http://doh.dc.gov/doh/frames.asp?doc=/doh/lib/doh/services /administration_offices/hiv_aids/pdf /dc_hivaids_reporting_final_rulemaking_11_17_06.pdf>. Accessed June 17, 2010.
  • Panel on Antiretroviral Guidelines for Adults and Adolescents. Guidelines for the use of antiretroviral agents in HIV-1-infected adults and adolescents. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2009. Available at <http://www.aidsinfo.nih.gov/contentfiles/adultandadolescentgl.pdf>.  Accessed June 17, 2010.
  • Thomas CW, Smith BD, Wright-DeAgüero L. The Program Evaluation and Monitoring System: a key source of data for monitoring evidence-based HIV prevention program processes and outcomes. AIDS Educ Prev 2006;18(Suppl A):74-80.
  • Castel A, Samala R, Griffin A, et al. Monitoring the impact of expanded HIV testing in the District of Columbia using population-based HIV/AIDS surveillance data. Proceedings from the 17th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections [oral presentation], San Francisco, CA; February 17, 2010. Available at <http://retroconference.org/2010/abstracts/38192.htm>. Accessed June 23, 2010.
  • Marks G, Crepaz N, Janssen RS. Estimating sexual transmission of HIV from persons aware and unaware that they are infected with the virus in the USA. AIDS 2006;20:1447-50.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ