一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)妊娠中におけるヘルスニードの認識とサービスの実情-・・・

MMWR抄訳

rss

2010/06/18Vol. 59 / No. 23

MMWR59(23):710-714
Perceived Health Needs and Receipt of Services During Pregnancy - Oklahoma and South Carolina, 2004-2007

妊娠中におけるヘルスニードの認識とサービスの実情-オクラホマ、サウスカロライナ州、2004~2007年

出産前の検診は専門家が推奨するサービスや妊娠に影響する行動や危険性についての知識を得る機会であり、今回、CDCはこれらを必要とする妊婦と実際のサービスの実施状況をオクラホマ州およびサウスカロライナ州の Pregnancy Risk Assessment Monitoring System(PRAMS)の2004~2007年データより分析した。PRAMSは37州およびニューヨーク市にて、出生届から最近出産した女性を毎月 100~300名抽出し、出産2~6ヶ月後にアンケートを送付して行われている。分析は妊婦が感じているニーズと実施状況との相違について行われ、分析対象はオクラホマ州:7,824例、サウスカロライナ州:5,474例であった。オクラホマ州では、歯科治療を必要と感じる妊婦が最も多く(50.1%)、栄養的援助(48.0%)、母乳保育に関する援助や情報提供(30.0%)と続き、実際にサービスを受けた妊婦はそれぞれ19.1%、42.5%、 24.7%、実施率は38.2%、88.6%、82.4%であった。サウスカロライナ州では母乳保育に関する援助や情報提供(35.3%)、母親学級 (27.6%)、両親学級(17.7%)の順であり、実際にサービスを受けた妊婦はそれぞれ28.2%、18.3%、10.0%、実施率は79.8%、 66.4%、56.7%であった。両州ともに実施率が最も低かった項目は家庭内の暴力抑制の援助であり、オクラホマ州、サウスカロライナ州それぞれ 2.9%、1.7%の妊婦が必要と感じていたが、実際にサービスを受けた妊婦は0.6%、0.2%、実施率は21.0%、12.8%であった。また、オクラホマ州では家族および個人的問題に関するカウンセリング、禁煙の援助、アルコールや薬物問題の援助のサービス実施率がそれぞれ27.4%、30.4%、 34.8%であり、サウスカロライナ州ではそれぞれ30.0%、29.1%、35.8%であった。今後これらのサービスについて、ニーズと実施率との格差を縮小すべく、実施の障害となる要因の調査および分析が必要であろう。

References

  • CDC. Trends in smoking before, during, and after pregnancy-Pregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS), United States, 31 sites, 2000-2005. Surveillance Summaries. May 29, 2009. MMWR 2009;58(No. SS-4).
  • American College of Obstetricians and Gynecologists. ACOG committee opinion no. 316: smoking cessation during pregnancy. Obstet Gynecol 2005;106:883-8.
  • American College of Obstetricians and Gynecologists. ACOG committee opinion no. 422: at-risk drinking and illicit drug use: ethical issues in obstetric and gynecologic practice. Obstet Gynecol 2008;112:1449-60.
  • CDC. CPONDER-CDC’s PRAMS on-line data for epidemiologic research. Available at <http://www.cdc.gov/prams/ cponder.htm>. Accessed November 18, 2009.
  • American College of Nurse-Midwives. Position statement: violence against women. Silver Spring, MD: American College of Nurse-Midwives; 2003. Available at <http://www.midwife.org/sitefiles/position /violence_against_women_05.pdf>. Accessed June 11, 2010.
  • American Academy of Periodontology. American Academy of Periodontology statement regarding periodontal management of the pregnant patient. J Periodontol 2004;75:495.
  • Morgan MA, Crall J, Goldenberg RL, Schulkin J. Oral health during pregnancy. J Matern Fetal Neonatal Med 2009;22:733-9.
  • American College of Obstetricians and Gynecologists. ACOG committee opinion no. 361: breastfeeding: maternal and infant aspects. Obstet Gynecol 2007;109(2 Pt 1):479-80.
  • American College of Nurse-Midwives. Position statement: breastfeeding. Silver Spring, MD: American College of Nurse-Midwives; 2003. Available at <http://www.midwife.org/sitefiles/position/breastfeeding_05.pdf>. Accessed June 11, 2010.
  • Grummer-Strawn LM, Shealy KR. Progress in protecting, promoting, and supporting breastfeeding: 1984-2009. Breastfeed Med 2009;4(Suppl 1):S31-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ