一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)処方薬の非医学的使用による救急外来受診-アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2010/06/18Vol. 59 / No. 23

MMWR59(23):705-709
Emergency Department Visits Involving Nonmedical Use of Selected Prescription Drugs - United States, 2004-2008

処方薬の非医学的使用による救急外来受診-アメリカ、2004~2008年

アメリカでは1999~2006年の間、処方薬の過量摂取による死亡が増加している。CDCとSAMHSA(Substance Abuse and Mental Health Services Administration)は全国的な傾向を把握するため、Drug Abuse Warning Network(DAWN)の最近5年間(2004~2008年)における救急外来(ED)受診データを分析した。DAWNは約220ヶ所の連邦病院を除く24時間体制の総合病院をサンプリングし、データを収集しており、2008年は231病院より薬物によるED受診が351,697件報告された(1病院当たり平均1,522件)。このデータから、アメリカ全体では薬物の誤用、乱用によるED受診は2004年にて約160万件、2008年にて約200万件と推定され、このうちコカインやヘロインなどの違法薬物によるものは2004年、2008年ともに約100万件、処方薬、市販薬の非医学的使用によるものは2004年50万件、2008年100万件であった。オピオイド系の鎮痛薬の非医学的使用は2004年:144,600件から2008 年:305,900件(111%増加、p<0.001)、10万人あたり49.4から100.6へ104%の増加であった(p<0.05)。薬剤別ではオキシコドンが最も多く、41,700件から105,200件(10万人あたり14.2から34.6)へ144%と有意に増加、ベンゾジアゼピン系薬剤は 143,500件から271,700件(10万あたり49.0から89.4)へ89%の増加、薬剤別ではアルプラゾラム(125%)、クロナゼパム (72%)、ジアゼパム(70%)、ロラゼパム(107%)の増加であり、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬ゾルピデムは121%の増加であった。また、カリソプロドールによる受診も132%と有意に増加、アルプラゾラムによる受診数は2008年104,800件とクロナゼパム(48,400件)の約2倍であった。ベンゾジアゼピン系薬剤による受診は男性よりも女性に多く、年齢別では17歳以上で急激に増加し、21~24歳にてピークとなり、54歳以上で減少に転じ、また、受診者の約1/4が入院した。以上、処方薬の非医学的使用によるED受診数の増加に対して、強力な抑止介入の必要性が示唆される。

References

  • Warner M, Chen LJ, Makuc DM. Increase in fatal poisonings involving opioid analgesics in the United States, 1999-2006. NCHS data brief, no 22. Hyattsville, MD: National Center for Health Statistics; 2009.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Drug Abuse Warning Network, 2007: national estimates of drug-related emergency department visits. Available at <http://dawninfo.samhsa.gov/files/ed2007/dawn2k7ed.pd>f. Accessed June 10, 2010.
  • Paulozzi LJ, Budnitz DS, Xi Y. Increasing deaths from opioid analgesics in the United States. Pharmacoepidemiol Drug Safety 2006;15:618-27.
  • Dormitzer C. Summary of drug abuse “rates” in the United States. Available at <http://www.fda.gov/ohrms/dockets/ac/08/slides/2008-4356s1-04-fda- corepresentations.ppt>. Accessed June 10, 2010.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Results from the 2008 National Survey on Drug Use and Health: national findings. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2009. HHS publication no. SMA 09-4434. Available at < http://www.oas.samhsa.gov/nsduh/2k8nsduh/2k8results.cfm>. Accessed June 10, 2010.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Drug Abuse Warning Network, 2007: area profiles of drug-related mortality. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2009. HHS publication no. SMA 09-4407. Available at <http://dawninfo.samhsa.gov/pubs/mepubs>. Accessed June 10, 2010.
  • SDI/Verispan. 2008 top 200 generic drugs by total prescriptions. Available at <http://drugtopics.modernmedicine.com/top200gen>. Accessed June 10, 2010.
  • Hall AJ, Logan JE, Toblin RL, et al. Patterns of abuse among unintentional pharmaceutical overdose fatalities. JAMA 2008;300:2613-20.
  • Kraman P. Drug abuse in America-prescription drug diversion. Lexington, KY: Council of State Governments; 2004. Available at <http://www.csg.org/knowledgecenter/docs/ta0404drugdiversion.pdf>. Accessed June 10, 2010.
  • CDC. CDC’s issue brief: unintentional drug poisoning in the United States. Available at: <http://www.cdc.gov/homeandrecreationalsafety/poisoning/brief.htm>. Accessed June 10, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ