一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)精神病に対する姿勢-35州、ワシントンDC、プエル・・・

MMWR抄訳

rss

2010/05/28Vol. 59 / No. 20

MMWR59(20):619-625
Attitudes Toward Mental Illness - 35 States, District of Columbia, and Puerto Rico, 2007

精神病に対する姿勢-35州、ワシントンDC、プエルトリコ、2007年

精神病に対する負の姿勢はしばしば偏見の原因となり、患者の症状否定や治療の遅延につながり回復を妨げる可能性がある。州レベルでの精神病に対する姿勢の理解は偏見を少なくするための戦略に役立つ可能性があることから、CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)に参加した35州、ワシントンDC、プエルトリコの2007年のデータ(最新データ)を分析した。精神病に対する姿勢は、「治療は精神病患者が正常な生活を送るのに役立つ可能性がある(治療の有効性の認識)」「人々は一般に精神病患者を気づかい、同情している(精神病患者に対する他人の姿勢の認識)」という2つの意見に対する同意率により評価した。回答者(18歳以上)の多く(88.6%)は、「治療は精神病患者が正常な生活を送るのに役立つ可能性がある」という意見に同意したが、「人々は一般に精神病患者を気づかい、同情している」という意見への同意率は57.3%と低かった。この同意率は年齢、性、人種/民族、教育レベルによる違いがみられ、治療の有効性に関しては年齢がより若い群、男性、非ラテンアメリカ系白人以外、教育レベルのより低い群、他人の姿勢に関しては25~54歳群、女性、非ラテンアメリカ系白人と非ラテンアメリカ系黒人、大学卒業レベル群で、強い同意率がより低かった。精神衛生症状を有する成人では、治療の有効性に関する同意率は77.6%と高かったが、他人の姿勢に関する同意率は24.6%であった。この報告は、精神病に対する姿勢の初めての州別データである。精神病患者の支援方法についての市民教育や精神病の負の固定概念を改めるための地域のプログラム、メディアの支援により、治療を受けようとしている、あるいは治療を受けている精神病患者に対する偏見が少なくなる可能性がある。

References

  • Weiss MG, Ramakrishna J, Somma D. Health-related stigma: rethinking concepts and interventions. Psychol Health Med 2006;11:277-87.
  • Wahl OF. News media portrayal of mental illness: implications for public policy. Am Behav Scientist. 2003;46:1594-1600.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Developing a stigma reduction initiative. Rockville, MD: Center for Mental Health Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2006. Available at <http://download.ncadi.samhsa.gov/ken/pdf/sma06-4176 /developing_a_stigma_reduction.pdf>.
  • Kobau R, DiIorio C, Chapman D, Delvecchio P, Substance Abuse and Mental Health Services Administration/CDC Mental Illness Stigma Panel Members. Attitudes about mental illness and its treatment: validation of a generic scale for public health surveillance of mental illness associated stigma. Community Ment Health J 2010;46:164-76.
  • Kessler RC, Barker PR, Colpe LJ, et al. Screening for serious mental illness in the general population Arch Gen Psychiatry 2003;60:184-9.
  • Baldwin ML, Marcus SC. Perceived and measured stigma among workers with serious mental illness. Psych Serv 2006;57:288-392.
  • Angermeyer MC, Matschinger H, Corrigan PW. Familiarity with mental illness and social distance from people with schizophrenia and major depression: testing a model using data from a representative population survey. Schizophr Res 2004;69:175-82.
  • Pescosolido B, Martin J K, Link BG, et al. Americans’ views of mental health and illness at century’s end: continuity and change. Public report on the MacArthur Mental Health Module, 1996 General Social Survey. Bloomington, IN: Indiana Consortium of Mental Health Services Research, Indiana University, and the Joseph P. Mailman School of Public Health, Columbia University; 2000. Available at <http://www.indiana.edu/~icmhsr/docs /Americans’%20Views%20of%20Mental%20Health.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. Mental health: a report of the Surgeon General. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Center for Mental Health Services, National Institutes of Health, National Institute of Mental Health, 1999.
  • Jorm AF, Korten AE, Jacomb PA, Christensen H, Henderson S. Attitudes towards people with a mental disorder: a survey of the Australian public and health professionals. Aust N Z J Psychiatry 1999;33:77-83.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ