一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)喫煙とタバコのマーケティングへの意識における性差-・・・

MMWR抄訳

rss

2010/05/28Vol. 59 / No. 20

MMWR59(20):613-618
Differences by Sex in Tobacco Use and Awareness of Tobacco Marketing - Bangladesh, Thailand, and Uruguay, 2009

喫煙とタバコのマーケティングへの意識における性差-バングラデシュ、タイ、ウルグアイ、2009年

世界中の喫煙者13億人の大部分は男性であるが、女性の喫煙者も増加している。喫煙とタバコのマーケティングへの意識における性差を検討するため、CDCとバングラデシュ、タイ、ウルグアイの保健局は新たに開始されたGlobal Adult Tobacco Survey(GATS)の2009年のデータを分析した。最初に調査結果が報告されたこれら3ヶ国では、喫煙状況、使用しているタバコ製品のタイプ、マーケティングへの意識に性差を認めた。全体的な喫煙率は3ヶ国とも男性が女性よりも高かった(バングラデシュ:それぞれ58.0%、28.7%、タイ:46.4%、9.1%、ウルグアイ:30.7%、19.8%)。有煙タバコの使用率は、バングラデシュとタイでは男性(それぞれ44.7%、 45.6%)が女性(1.5%、3.1%)よりも高かったが、ウルグアイではその差が小さかった(男性:30.7%、女性:19.8%)。無煙タバコの使用率は、バングラデシュでは男性と女性がほぼ同等であったが(それぞれ26.4%、27.9%)、タイでは女性の使用率が男性よりも有意に高く (6.3%、1.3%)、ウルグアイでは男女とも使用者はほぼ皆無であった。タバコのマーケティングへの意識 (過去30日間に巻きタバコの広告・後援・販売促進に気づいた割合) に関しては、バングラデシュでは男性が女性より2倍高かったが(それぞれ68.0%、29.3%)、タイ(17.4%、14.5%)とウルグアイ (49.0%、40.0%)では性差が小さかった。3ヶ国とも、女性のタバコのマーケティングへの意識は15~24歳群が25歳以上群に比べて有意に高かった(バングラデシュ:それぞれ37.9%、25.6%、タイ:28.1%、11.2%、ウルグアイ:62.5%、34.9%)。タバコ製品の広告・後援・販売促進の禁止を含むWHOのタバコ規制戦略(MPOWER)の施行により、喫煙とそれに関連した疾患や死亡が減少する可能性がある。

References

  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2008: the MPOWER package. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at <http://www.who.int/tobacco/mpower/2008/en/index.html>. Accessed May 25, 2010.
  • CDC. Global youth tobacco surveillance, 2000-2007. Surveillance Summaries. January 25, 2008. MMWR 2008; 57(No. SS-1).
  • Blecher E. The impact of tobacco advertising bans on consumption in developing countries. J Health Econ 2008; 27:930-42.
  • Gupta PC, Ray CS. Smokeless tobacco and health in India and South Asia. Respirology 2003;8:419-31.
  • World Health Organization. Gender, women, and the tobacco epidemic. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. In press.
  • National Cancer Institute. Monograph 19: the role of the media in promoting and reducing tobacco use. Rockville, MD: National Cancer Institute; 2008. Available at <http://cancercontrol.cancer.gov/tcrb/monographs/19/index.html>. Accessed May 25, 2010.
  • Shafey O, Fernandez E, Thun M, Schiaffino A, Dolwick S, Cokkinides V. Cigarette advertising and female smoking prevalence in Spain, 1982-1997: case studies in international tobacco surveillance. Cancer 2004;100:1744-9.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2009: implementing smoke-free environments. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.who.int/tobacco/mpower/2009/en/index.html>. Accessed May 25, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ