一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)眼疾患を有する40歳以上の女性における眼科治療の利・・・

MMWR抄訳

rss

2010/05/21Vol. 59 / No. 19

MMWR59(19):588-591
Eye-Care Utilization Among Women Aged =40 Years with Eye Diseases - 19 States, 2006-2008

眼疾患を有する40歳以上の女性における眼科治療の利用状況-19州、2006~2008年

糖尿病性網膜症(DR)、緑内障、加齢黄斑変性症(ARMD)は視覚消失や失明の主な原因であり、その発症率は男性に比べ女性にて高い。これらの疾患は眼科医による早期発見、早期治療により進行を抑制し、失明を回避することが可能である。今回、CDCは2006~2008年におけるBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)の国内19州分のデータから、40歳以上の女性における眼科治療の専門家へのアクセス状況を分析した。今回の分析対象は国内19州に在住する40歳以上の女性7,377名、うちDR:322名、緑内障:356名、ARMD:244名(いずれも自己申告)であり、これらの女性に対し、眼科治療の専門家を受診し、推奨される期間、継続して治療を受けたかどうかを質問した。その結果、DR、緑内障、ARMD例のそれぞれ21.5%、12.3%、 7.9%の女性が推奨される期間の受診を受けていないことが明らかとなった。この傾向は保険が眼科治療をカバーしていない症例(DR:34% vs 14%、緑内障:18% vs 10%、ARMD:12% vs 6%)、定期的な健康診断を受けていない症例(DR:36% vs 20%、緑内障:21% vs 12%、ARMD:16% vs 7%)、年齢の高い症例(65歳以上)(緑内障:25% vs 5%、ARMD:18% vs 4%)にて高かった。また、受診しなかった理由は、治療費/保険がカバーしていない(DR:43%、緑内障:46%、ARMD:40%)、特に理由はない (DR:20%、緑内障:23%、ARMD:29%)が多く認められた。これらの眼科疾患は定期的な検査による追跡が重要であるため、コンプライアンスの向上にはその認識を高め、眼科治療へのアクセスを改善していく必要性が示唆される。

References

  • Congdon N, O’Colmain B, Klaver CC, et al. Causes and prevalence of visual impairment among adults in the United States. Arch Ophthalmol 2004;122:477-84.
  • CDC. Visual impairment and eye care among older adults-five states, 2005. MMWR 2006;55:1321-5.
  • International Agency for the Prevention of Blindness. World sight day 2009 report. Gender and eye health: equal access to care. Available at <http://www.vision2020.org/documents/world_sight_day_2009/wd09_downloads /wsd_report_2009_final_v2.pdf>. Accessed May 13, 2010.
  • Sloan FA, Grossman DS, Lee PP. Effects of receipt of guideline-recommended care on onset of diabetic retinopathy and its progression. Ophthalmology 2009;116:1515-21.
  • Zhang X, Norris SL, Saaddine J, et al. Effectiveness of interventions to promote screening for diabetic retinopathy. Am J Prev Med 2007;33:318-35.
  • Zhang X, Williams DE, Beckles GL, et al. Diabetic retinopathy, dilated eye examination, and eye care education among African Americans, 1997 and 2004. J Natl Med Assoc 2009;101:1015-21.
  • Ellish NJ, Royak-Schaler R, Passmore SR, Higginbotham EJ. Knowledge, attitudes, and beliefs about dilated eye examinations among African-Americans. Invest Ophthalmol Vis Sci 2007;48:1989-94.
  • Brilliant GE, Lepkowski JM, Zurita B, Thulasiraj RD. Social determinants of cataract surgery utilization in South India. Arch Ophthalmol 1991;109:584-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ