一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)保健医療施設の職員における急性抗菌性殺虫剤関連疾患・・・

MMWR抄訳

rss

2010/05/14Vol. 59 / No. 18

MMWR59(18):551-556
Acute Antimicrobial Pesticide-Related Illnesses Among Workers in Health-Care Facilities - California, Louisiana, Michigan, and Texas, 2002-2007

保健医療施設の職員における急性抗菌性殺虫剤関連疾患-カリフォルニア、ルイジアナ、ミシガン、テキサス、2002~2007年

抗菌性殺虫剤(滅菌薬、消毒薬など)の使用は保健医療施設における感染対策に重要であるが、その曝露は健康に悪影響を及ぼすことが知られている。保健医療施設における抗菌性殺虫剤曝露の特徴と頻度を評価するため、CDCはカリフォルニア州、ルイジアナ州、ミシガン州、テキサス州の2002~2007年の殺虫剤中毒サーベイランスプログラムのデータを分析した。この期間中、保健医療施設での作業関連抗菌性殺虫剤曝露による急性疾患発症例は401例であった(カリフォルニア州:287例[72%]、テキサス州:56例[14%]、ミシガン州:43例[11%]、ルイジアナ州:15例[4%])。このうち82%は女性で、 73%は25~54歳であった。職業は清掃作業者/ハウスキーパー(24%)と看護/医療助手(16%)が多かった。症状は目の症状(刺激感/疼痛、結膜炎など)が55%と最も多く、次が神経症状(頭痛、めまいなど)32%、呼吸器症状(咽喉刺激感/疼痛など)30%であった。症状はほとんどが軽度で一過性であったが、喘息歴のある1例(52歳女性)は希釈していない漂白剤蒸気への曝露後、呼吸困難となり死亡した。曝露の原因は51%が飛散/こぼれ/漏れであった。曝露時に抗菌性殺虫剤を使用していた265例中74%は何らかの個人保護具(PPE) (ガウンや手袋など) を装着していたが、目を保護していたのは15%のみであった。保健医療施設は職員に抗菌性殺虫剤のリスクについて教育し、PPEの適切な使用を促進し、周囲の人々の曝露を防ぐための効果的なリスクコミュニケーション対策を講じるべきである。

References

  • US Environmental Protection Agency. What are antimicrobial pesticides? Available at http://www.epa.gov/oppad001/ad_info.htm. Accessed May 6, 2010.
  • CDC. Guidelines for environmental infection control in health-care facilities. MMWR 2003;52(No. RR-10).
  • CDC. Guideline for disinfection and sterilization in health-care facilities, 2008. Available at <http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines /disinfection_nov_2008.pdf>. Accessed May 6, 2010.
  • Pechter E, Davis LK, Tumpowsky C, et al. Work-related asthma among health care workers: surveillance data from California, Massachusetts, Michigan, and New Jersey, 1993-1997. Am J Ind Med 2005;47:265-75.
  • Occupational Safety and Health Administration. Best practices for the safe use of glutaraldehyde in health care. Washington, DC: US Department of Labor; 2006. Available at <http://www.osha.gov/Publications/glutaraldehyde.pdf>. Accessed May 6, 2010.
  • Calvert GM, Sanderson WT, Barnett M, Blondell JM, Mehler LN. Surveillance of pesticide-related illness and injury in humans. In: Krieger RI, ed. Handbook of pesticide toxicology. 2nd ed. San Diego, CA: Academic Press; 2001:603-41.
  • Arif AA, Whitehead LW, Delclos GL, Tortolero SR, Lee ES. Prevalence and risk factors of work related asthma by industry among United States workers: data from the third national health and nutrition examination survey (1988-94). Occup Environ Med 2002;59:505-11.
  • Brevard TA, Calvert GM, Blondell JM, Mehler LN. Acute occupational disinfectant-related illness among youth, 1993-1998. Environ Health Perspect 2003;111:1654-9

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ