一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)CDC Grand Round:タバコ規制の機会

MMWR抄訳

rss

2010/04/30Vol. 59 / No. 16

MMWR59(16):487-492
CDC Grand Rounds: Current Opportunities in Tobacco Control

CDC Grand Round:タバコ規制の機会

この報告では、世界および米国における近年の喫煙状況とその影響、WHOのタバコ規制枠組み条約(FCTC)およびアメリカ医学研究所(IOM)のタバコ規制に関する発表の概要、タバコ規制対策(タバコの値上げ、職場や公共スペースでの禁煙対策、メディアによる積極的なキャンペーンなど)の実際の効果、喫煙率サーベイランスの実施状況、Tobacco Control Act(タバコ規制法)での規制事項などについて述べる。喫煙は世界中の予防可能な死亡の主因であり、全世界でのタバコ関連死亡者数は現時点で年間500 万人を超えている。米国でも喫煙は予防可能な疾患、機能障害、死亡の主因であり、毎年44.3万人が喫煙および受動喫煙曝露により死亡し、860万人が喫煙により重度疾患を発症している。年間の喫煙関連費用は医療費960億ドル、生産性損失費970億ドルである。高校生の喫煙率は1997年(36.4%) から2003年(21.9%)にかけてかなり低下したが、その後2007年(20.0%)まであまり変化しなかった。また成人の喫煙率も1965年 (42.4%)以降1980年代に低下したが、1990年代にはその低下傾向が緩やかになり、2004年(20.9%)から2008年(20.6%)まであまり変化しなかった。さらなるタバコ規制対策の実施により世界中で喫煙率が25%から20%に低下することで、2020年までに1億人の死亡が予防される可能性がある。2007年にIOMは米国における公衆衛生上の問題にならなくなるまで喫煙を激減させるための活動として、従来のエビデンスに基づいたタバコ規制対策の強化および完全実施と国によるタバコ製品の内容やデザイン・販売などの管理を2本柱とした計画を発表した。タバコ製品の規制は包括的喫煙予防・規制戦略の重要な要素である。またこれら新たな喫煙予防・規制戦略とその影響をモニタリングするために既存のサーベイランスを拡大する必要がある。

References

  • Frieden T, Bloomberg M. How to prevent 100 million deaths from tobacco. Lancet 2007;369:1758-61.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2008-the MPOWER package. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at <http://www.who.int/tobacco/mpower/mpower_report_full_2008.pdf>. Accessed April 21, 2010.
  • CDC. Smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 2000-2004. MMWR 2008;57:1226-8.
  • CDC. Cigarette smoking among adults and trends in smoking cessation-United States, 2008. MMWR 2009;58:1227-32.
  • Institute of Medicine. Ending the tobacco problem: a blueprint for the nation. Washington, DC: The National Academies Press; 2007.
  • The Task Force on Community Preventive Services. The guide to community preventive services: what works to promote health- New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at <http://www.thecommunityguide.org/tobacco/tobacco.pdf>. Accessed April 22, 2010.
  • CDC. State cigarette excise taxes-United States, 2009. MMWR 2010;59:385-8.
  • Mackay J, Eriksen M. The tobacco atlas. 3rd ed. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at<http://www.tobaccoatlas.org>. Accessed April 23, 2010.
  • CDC. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/secondhandsmoke/report>. Accessed April 22, 2010.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Office on Smoking and Health; 2007.
  • Tauras JA, Chaloupka FJ, Farrelly MC, et. al. State tobacco control spending and youth smoking. Am J Public Health 2005;95:338-44.
  • Farrelly MC, Pechacek TF, Thomas KY, Nelson D. The impact of tobacco control programs on adult smoking. Am J Public Health 2008;98:304-9.
  • CDC. Decline in smoking prevalence-New York City, 2002-2006. MMWR 2007;56:604-8.
  • Campaign for Tobacco-Free Kids. State tobacco revenue and prevention spending FY2000-FY2010. Washington, DC: Campaign for Tobacco-Free Kids; 2009. Available at <http://www.tobaccofreekids.org/reports/settlements/FY2010 /Tob%20Rev%20and%20Prev%20Spending.pdf>. Accessed April 26, 2010.
  • Ashley DL, Beeson MD, Johnson DR, et al. Tobacco-specific nitrosamines in tobacco from US brand and non-US brand cigarettes. Nicotine Tob Res 2003;5:323-31.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ