一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)暫定的結果:医療関係者における2009年インフルエ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/04/30Vol. 59 / No. 16

MMWR59(16):477-484
Interim Results: State-Specific Seasonal Influenza Vaccination Coverage - United States, August 2009-January 2010

暫定的結果:医療関係者における2009年インフルエンザA(H1N1)1価ワクチンと季節性インフルエンザワクチンの接種率-アメリカ、2009年8月~2010年1月

2009 年4月の2009年インフルエンザA(H1N1)パンデミック発生により、2009-10インフルエンザシーズンは例年と全く異なるシーズンとなった。まず、パンデミックに関連した入院および死亡(特に年少者)に関するメディア報道で、インフルエンザの深刻性に対する一般市民の意識が高まった。また米国予防接種諮問委員会(ACIP)の勧告により、秋から2種類のインフルエンザワクチンの分配が開始された。さらに、ACIPは初めて5~18歳の全小児へのワクチン接種を勧告した。季節性インフルエンザワクチンの州別接種率を予備的に推定するため、CDCは2009年10月~2010年2月の Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)とNational 2009 H1N1 Flu Survey(NHFS)のデータを分析した。全体として、生後6ヶ月以上の米国住民における2010年1月31日までの季節性インフルエンザワクチンの州別接種率(中央値)は40.6%(30.3%[ネバダ州]~54.5%[ハワイ州])と推定された。年齢別接種率は、生後6ヶ月~17歳の小児が 41.2%(23.6%[ネバダ州]~67.2%[ハワイ州])、ハイリスクの18~49歳群38.3%(21.2%[ミシシッピ州]~63.4%[ミネソタ州])、ハイリスクでない18~49歳群28.8%(19.4%[フロリダ州]~43.1%[サウスダコタ州])、50~64歳群45.5% (33.7%[フロリダ州]~56.3%[ハワイ州])、65歳以上群69.3%(59.3%[アイダホ州]~78.6%[ニューメキシコ州])であった。人種別接種率は、非ラテンアメリカ系白人(42.8%)が非ラテンアメリカ系黒人(32.2%)、ラテンアメリカ系(37.3%)よりも高かった。 2008-09シーズンと比較した場合、接種率は小児で大幅に上昇し(相対的増加率:67%)、ハイリスクでない18~49歳の成人でもかなり上昇した (相対的増加率:30%)。保健局は接種率をさらに上昇させるための戦略を考え、効果的なワクチン接種サービス(学校での接種プログラム、職場ベースプロトコール[社内規則など])を支援する必要がある。

References

  • CDC. Use of influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2009. MMWR 2009;58(No. RR-10).
  • CDC. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2009. MMWR 2009;58 (No. RR-8).
  • CDC. Influenza vaccination coverage among children and adults-United States, 2008-09 influenza season. MMWR 2009;58:1091-5.
  • CDC. Interim results: influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccination coverage-United States, October-December 2009. MMWR 2010;59:44-8.
  • CDC. Interim results: state-specific influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccination coverage-United States, October 2009-January 2010. MMWR 2010;59:363-8.
  • CDC. Update: influenza activity-United States, August 30, 2009-March 27, 2010, and composition of the 2010-11 influenza vaccine. MMWR 2010;59:423-30.
  • Fiscella K. Anatomy of racial disparity in influenza vaccination. Health Serv Res 2005;40:539-50.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010 (conference ed., in 2 vols.). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.health.gov/healthypeople>. Accessed April 22, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ