一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)14~49歳における単純ヘルペスウイルス2型の血清・・・

MMWR抄訳

rss

2010/04/23Vol. 59 / No. 15

MMWR59(15):449-455
Seroprevalence of Herpes Simplex Virus Type 2 Among Persons Aged 14-49 Years - United States, 2005-2008

14~49歳における単純ヘルペスウイルス2型の血清有病率-アメリカ、2005-2008年

単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)は性感染症の原因菌の1つであり、性器ヘルペス、新生児ヘルペスおよび性器潰瘍性疾患を引き起こす。また、HSV- 2感染はHIV感染症リスクが高いことが示されている。CDCは1976年よりアメリカにおけるHSV-2血清有病率をNational Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)を通じてモニターしている。HSV-2血清有病率は1976~1980年(NHANES II)から1988~1994年(NHANES III)にかけて増加した後、1999~2004年には減少しており、今回、2005~2008年のデータが分析され、年齢、人種/民族、性行為パートナーの数によるHSV-2血清有病率について報告された。NHANES 2005~2008におけるHSV-2血清有病率は16.2%と1999~2004年(17.0%)から有意な変動は認められなかった。HSV-2感染陽性例の81.1%は医師や医療専門家から性器ヘルペスがあると言われたことはなかった。男女別では男性に比べ女性にて高く(男性:11.5、女性:20.9%)、年齢別では14~19歳:1.4%、20~29歳:10.5%、30~39歳:19.6%、40~49歳:26.1%と年齢とともに有病率が増加していた。人種/民族別では非ラテン系黒人において最も高く(39.2%)、非ラテン系白人(12.3%)の約3倍であり、30~39歳、 40~49歳の非ラテン系黒人にて最も高かった(それぞれ56.2%、56.0%)。40~49歳の非ラテン系白人では20.8%、メキシコ系アメリカ人では20.4%であった。また、全ての人種/民族において、性行為パートナーが多い人での有病率が高く、パートナーが2~4人の場合、非ラテン系白人にて 9.1%、非ラテン系黒人にて34.3%、メキシコ系アメリカ人では13.0%であるのに対し、パートナーが10人以上の場合はそれぞれ22.7、 49.9、17.1%といずれも高値を示した。HSV-2に感染した場合は、HIV感染リスクが高いことを十分に認識し、定期的に検査を受けるべきであり、性行為パートナーは最小限とし、避妊具を使用するなど感染の拡大を抑制することが重要と考える。また、感染拡大の抑制にはワクチンが有効であるため、 HSV-2ワクチン開発が進められている。

References

  • Xu F, Sternberg MR, Kottiri BJ, et al. Trends in herpes simplex virus type 1 and type 2 seroprevalence in the United States. JAMA 2006;296:964-73.
  • Freeman EE, Weiss HA, Glynn JR, Cross PL, Whitworth JA, Hayes RJ. Herpes simplex virus 2 infection increases HIV acquisition in men and women: systematic review and meta-analysis of longitudinal studies. AIDS 2006;20:73-83.
  • CDC. Subpopulation estimates from the HIV Incidence Surveillance System-United States, 2006. MMWR 2008;57:985-9.
  • Celum C, Wald A, Hughes J, et al. Effect of acyclovir on HIV-1 acquisition in herpes simplex virus type 2 seropositive women and men who have sex with men: a randomized, double blind, placebo-controlled trial. Lancet 2008;371:2109-19.
  • CDC. Sexually transmitted disease treatment guidelines. MMWR 2006;55(No. RR-11).
  • Corey L, Wald A, Patel R, et al; Valacyclovir HSV Transmission Study Group. Once-daily valacyclovir to reduce the risk of transmission of genital herpes. N Engl J Med 2004;350:11-20.
  • Martin ET, Krantz E, Gottlieb SL, et al. A pooled analysis of the effect of condoms in preventing HSV-2 acquisition. Arch Intern Med 2009;169:1233-40.
  • McQuillan GM, Kruszon-Moran D, Granade T, Feldman JW. Seroprevalence of human immunodeficiency virus in the US household population aged 18-49 years: the National Health and Nutrition Examination Surveys, 1999-2006. J Acquir Immune Defic Syndr 2010;53:117-23.
  • Langenberg A, Benedetti J, Jenkins J, Ashley R, Winter C, Corey L. Development of clinically recognizable genital lesions among women previously identified as having “asymptomatic” herpes simplex virus type 2 infection. Ann Intern Med 1989;110:882-7.
  • Douglas J, Berman S. Screening for HSV-2 infection in STD clinics and beyond: a few answers but more questions. Sex Transm Dis 2009;36:729-31.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ