一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)若年労働者における職業上の負傷と死亡-アメリカ、1・・・

MMWR抄訳

rss

2010/04/23Vol. 59 / No. 15

MMWR59(15):449-455
Occupational Injuries and Deaths Among Younger Workers - United States, 1998-2007

若年労働者における職業上の負傷と死亡-アメリカ、1998~2007年

労働中に負傷するリスクの高い職業に従事する人の約14%は若年(15~24歳)の労働者であり、1998~2007年の10年間において、5,719名が職業上の負傷により死亡している。CDCのNational Institute for Occupational Safety and Health(NIOSH)は、この期間におけるCensus of Fatal Occupational Injuries(CFOI)およびNational Electronic Injury Surveillance System occupational supplement(NEISS-work)のデータを分析し、若年労働者における安全性改善の傾向と指導について報告をまとめた。死亡者数は 15~24歳の5,719名(年平均527名)に対し、25歳以上は51,150名であり、フルタイム換算労働者(FTE:年間2,000時間勤務)における死亡率は15~24歳にて10万人あたり3.6、25歳以上で4.4であった。15~24歳における死亡率は10年間にて14%に減少 (p<0.001)したが、非致死性の負傷率は19%(p=0.3)の減少であった。非致死性負傷率は15~24歳にて100 FTEあたり5.0、25歳以上で2.4、年齢別では18歳および19歳にて最も高かった(それぞれ100 FTEあたり6.3、5.9)。15~24歳における人種別の死亡率はラテン系にて5.6/100,000 FTEと最も高く、非ラテン系白人:3.3、非ラテン系黒人:2.3に比べ有意差を認めたが、非致死性負傷率はラテン系:2.3、非ラテン系白人:4.5、非ラテン系黒人:3.8/100 FTEと有意差は認めなかった。死亡の原因は交通事故が最も多く(15~24歳:42%、25歳以上:43%)、非致死性の負傷の原因は道具、設備、機械、部品、資材などによる事故が最も多かった(15~24歳:49%、25歳以上:40%)。業種は15~24歳にてサービス業(32%)、建築 (28%)、卸売または小売店(10%)、農業(10%)の順であり、業種別の死亡率は採掘(36.5/100,000 FTE)、農業(21.3)、建築(10.9)にて高かった。雇用者に対し、若年労働者に安全な労働環境を整備し、負傷の危険を取り除くための指導を行い、また、雇用者は労働者に対し危険回避に必要な訓練と保護装備を提供すべきであろう。

References

  • CDC. NIOSH alert: preventing deaths, injuries, and illnesses of young workers. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, NIOSH; 2003. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/2003-128/2003128.htm>. Accessed April 16, 2010.
  • CDC. Nonfatal occupational injuries and illnesses-United States, 2004. MMWR 2007;56:393-7.
  • US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics. Current population survey, 1998-2007 (microdata files) and labor force, employment, and unemployment from the current population survey. In: BLS handbook of methods. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2008. Available at <http://www.bls.gov/cps/home.htm>. Accessed April 16, 2010.
  • Breslin FC, Day D, Tompa E, et al. Non-agricultural work injuries among youth-a systematic review. Am J Prev Med 2007;32:151-62.
  • US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics. Occupational safety and health statistics [Chapter 9]. In: BLS handbook of methods. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2008. Available at <http://www.bls.gov/opub/hom>. Accessed April 16, 2010.
  • CDC. Work-related injury deaths among Hispanics-United States, 1992-2006. MMWR 2008;57:597-600.
  • McGreevy K, Lefkowitz D, Valiante D, et al. Utilizing hospital discharge data (HD) to compare fatal and non-fatal work-related injuries among Hispanic workers in New Jersey. Am J Industr Med 2010;53:146-52.
  • Castillo DN, Pizatella TJ, Stout NA. Injuries. In: Levy B, Wegman D, Baron SL, Sokas RK, eds. Occupational and environmental health: recognizing and preventing disease and injury, 5th ed. Philadelphia, PA: Lippincott, Williams, and Wilkins; 2006:471-87.
  • CDC. Youth @ work: talking safety. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, NIOSH; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/talkingsafety>. Accessed April 16, 2010.
  • CDC. The NIOSH Traumatic Injury Research and Prevention Program evidence package. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, NIOSH; 2007. Available at: <http://www.cdc.gov/niosh/nas/traumainj>. Accessed April 16, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ