一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)通常食物を介して伝播する病原体による感染症発症率に・・・

MMWR抄訳

rss

2010/04/16Vol. 59 / No. 14

MMWR59(14): 418-422
Preliminary FoodNet Data on the Incidence of Infection with Pathogens Transmitted Commonly Through Food - 10 States, 2009

通常食物を介して伝播する病原体による感染症発症率に関する予備的FoodNetデータ-10州、2009年

アメリカでは食物関連疾患が依然として公衆衛生上の重要問題となっている。CDCによるEmerging Infections ProgramのFoodborne Disease Active Surveillance Network(FoodNet)は、10州(コネチカット、ジョージア、メリーランド、ミネソタ、ニューメキシコ、オレゴン、テネシー、カリフォルニア・コロラド・ニューヨークの一部の郡)において通常食物を介して伝播する一部の腸内病原体による全ての検査確定感染症の母集団ベースサーベイランスを実施している(Campylobacter、/Listeria、Salmonella、Shigella、Shiga toxin-producing Escherichia coli(STEC)O157、STEC非O157、Vibrio、Yersinia、Cryptosporidium、Cyclospora、溶血性尿毒症症候群)。この報告は、2009年の予備的サーベイランスデータと1996年以降の傾向について述べる。2009年には検査確定感染症17,468例が確認された。サーベイランスの最初の3年間(1996~1998 年)と比較した場合、Campylobacter、Listeria、Salmonella、STEC O157、Shigella、Yersiniaによる感染症の発症率は持続的に低下したが、Vibrio感染症は増加し続けた。また過去3年間(2006~2008年)と比較した場合、ShigellaとSTEC O157の発症率は有意に低下したが、それ以外の病原体による感染症の発症率は、ほとんど、あるいはまったく低下していなかった。多くの感染症において、発症率は4歳未満群、入院率と致死率は50歳以上群が最高であった。2009年は、発症率低下がHealthy People 2010の目標となっている4種類の感染症 (Campylobacter、Listeria、Salmonella、STEC O157)のうち、STEC O157感染症のみが目標発症率 (10万人あたり1.0例以下)に到達した。食物媒介感染症の発症率低下の持続・促進と感染予防改善のためには、公衆衛生局や取り締まり機関、製造業者、消費者を含めた多面的アプローチが必要である。

References

  • Scallan E. Activities, achievements, and lessons learned during the first 10 years of the Foodborne Diseases Active Surveillance Network: 1996-2005. Clin Infect Dis 2007;44:718-25.
  • US Department of Health and Human Services. Food safety. Objective 10-1: reduce infections caused by key foodborne pathogens. Healthy People 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/pdf/volume1/10food.pdf>. Accessed April 8, 2010.
  • CDC. Outbreak of Salmonella serotype Saintpaul infections associated with multiple raw produce items-United States, 2008. MMWR 2008;57:929-34.
  • CDC. Multistate outbreak of Salmonella infections associated with peanut butter and peanut butter-containing products-United States, 2008-2009. MMWR 2009;58:85-90.
  • CDC. Multistate outbreak of E. coli O157:H7 infections linked to eating raw refrigerated, prepackaged cookie dough. 2009 Available at <http://www.cdc.gov/ecoli/2009/0807.html>. Accessed April 8, 2010.
  • CDC. Compendium of measures to prevent disease associated with animals in public settings, 2009: National Association of State Public Health Veterinarians, Inc. (NASPHV). MMWR 2009;58(No. RR-5).
  • Harris JR, Bergmire-Sweat D, Schlegel JH, et al. Multistate outbreak of Salmonella infections associated with small turtle exposure, 2007-2008. Pediatrics 2009;124:1388-94.
  • CDC. Multistate outbreak of human Salmonella Typhimurium infections associated with aquatic frogs-United States, 2009. MMWR 2010;58:1433-6.
  • CDC. Recommendations for diagnosis of shiga toxin-producing Escherichia coli infections by clinical laboratories. MMWR 2009;58(No. RR-12).
  • Scallan E, Jones TF, Cronquist A, et al. Factors associated with seeking medical care and submitting a stool sample in estimating the burden of foodborne illness. Foodborne Pathog Dis 2006;3:432-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ