一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)州のタバコ消費税-アメリカ、2009年

MMWR抄訳

rss

2010/04/09Vol. 59 / No. 13

MMWR59(13):385-388
State Cigarette Excise Taxes - United States, 2009

州のタバコ消費税-アメリカ、2009年

タバコの価格の値上げは、若者や若年成人が喫煙を始めることを抑止するとともに、喫煙者の禁煙を促進し、継続する場合にも吸う本数を減少させる効果がある。タバコの価格は消費税の値上げにより直接上げることが可能である。タバコの価格の値上げは喫煙を減少させ、タバコによる死亡や疾患の発症を抑えられることから、アメリカの全ての州およびワシントンDCはタバコに消費税を課している。2009年には多くの州でタバコ消費税の値上げが行われ、CDCによる調査ではDCを含む15州にて0.10ドル/箱(ノースカロライナ州)~1.00ドル/箱(コネチカット、フロリダ、ロードアイランド州)値上がりし、ロードアイランド州とコネチカット州は初めて1箱あたりの消費税が3ドルを超え、ハワイ州では2010、2011年に0.20ドル/箱ずつ値上げを予定しており、3ドルを超えることになる。消費税の全国平均は2008年:1.18ドル/箱、2009年:1.34ドル/箱であり、サウスカロライナ州にて最も低く (0.07ドル/箱)、ロードアイランド州にて最も高い(3.46ドル/箱)。タバコの消費が多いジョージア、ケンタッキー、ノースカロライナ、サウスカロライナ、テネシーおよびバージニア州では、2009年12月31日における平均タバコ消費税が0.40ドル/箱(2008年:0.28ドル)、DCを含む他の州では平均1.46ドル/箱(2008年:1.30ドル)であった。カリフォルニア、ミズーリ、ノースダコタおよびサウスカロライナ州では過去10 年間、タバコ消費税の値上げは行われておらず、サウスカロライナ州では0.07ドル/箱(1977年以降値上げなし)、ミズーリ、ノースダコタ州ではそれぞれ0.17ドル、0.44ドル/箱(1993年以降値上げなし)、カリフォルニア州では0.87ドル/箱(1998年以降値上げなし)であった。 Healthy People 2010では、タバコ1箱あたりの連邦税と平均州消費税の合計を2.00ドルとすることを目標としており、2009年4月1日に連邦税の値上げ(0.39ドルから1.01ドル)が決定し、実際の値上げは2009年末まで行われないが、目標値(2.35ドル/箱)に達している。また、今回の分析対象からは除外されているが、ニューヨーク市(NYC)などをはじめとする約460の地方自治体が地方税(NYC:1.50ドル/箱~Chicago-Cook 群:2.68ドル/箱)を課している。

References

  • CDC. Reducing tobacco use: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2000. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/sgr_2000/index.htm>. Accessed April 1, 2010.
  • Institute of Medicine. Ending the tobacco problem: a blueprint for the nation. Washington, DC: The National Academies Press; 2007. Available at <http://books.nap.edu/openbook.php?record_id=11795>. Accessed April 2, 2010.
  • The Task Force on Community Preventive Services. The guide to community preventive services: what works to promote health? New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at <http://www.thecommunityguide.org/tobacco/tobacco.pdf>. Accessed April 5, 2010.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/stateandcommunity /best_practices>. Accessed April 2, 2010.
  • Orzechowski W, Walker RC. The tax burden on tobacco, volume 44. Arlington, VA: Orzechowski and Walker; 2009.
  • Chaloupka F. Macro-social influences: the effects of prices and tobacco control policies on the demand for tobacco products. Nicotine Tob Res 1999;1(Suppl 1):S105-9.
  • Tauras J. Public policy and smoking cessation among young adults in the United States. Health Policy 2004;68:321-32.
  • Campaign for Tobacco-Free Kids. Tobacco taxes: a win-win-win for cash-strapped states. Washington, DC: Campaign for Tobacco-Free Kids; 2010. Available at <http://tobaccofreekids.org/winwinwin>. Accessed April 1, 2010.
  • CDC. Federal and state cigarette excise taxes-United States, 1995-2009. MMWR 2009;58:524-7.
  • Lightwood JM, Dinno A, Glantz SA. Effect of the California tobacco control program on personal health care expenditures. PLoS Med 2008;5:1214-22. Available at <http://www.plosmedicine.org/article /info%3Adoi%2f10.1371%2fjournal.pmed.0050178>. Accessed April 2, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ