一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)結核報告例の減少-アメリカ、2009年

MMWR抄訳

rss

2010/03/19Vol. 59 / No. 10

MMWR59(10):289-294
Decrease in Reported Tuberculosis Cases - United States, 2009

結核報告例の減少-アメリカ、2009年

アメリカの全国結核(TB)サーベイランスシステムの結果によると、2009年には50州およびワシントンDC からTB症例が11,540例報告され、発症率(10万人あたり)は2008年の4.2例から3.8例に低下した(低下率:11.4%)。2009年の発症率は1953年の全国TBサーベイランス開始以降最低であり、年間低下率は過去最高であったが(2000~2008年の平均年間低下率:3.8%)、依然として国内・国外出生者間および人種/民族間でTB発症率に格差がみられた。国内・国外出生者のTB発症率はともにかなり低下したが(2008年と比べた場合の低下率:それぞれ15.8%、9.0%)、それでも国外出生者のTB発症率は国内出生者に比べて約11倍高かった。また、ラテンアメリカ系と黒人のTB発症率は非ラテンアメリカ系白人に比べて約8倍、アジア系は約26倍高かった。TB症例のHIV重感染率は10.2%であった。疾患部位としては肺結核8,535例、肺外結核2,297例であった(培養陽性率:それぞれ83.6%、71.0%)。TB分離株の薬剤感受性については、2008年に感受性試験を行った培養陽性例の1.1%が多剤耐性であった(2007年:1.2%)。2009年のTB報告例の大幅な減少には人口統計学的な変化やTB対策の改善、未報告・未診断TB症例の増加などが関与している可能性があり、CDCは現在この急激な減少の原因を調査している。未診断・未報告TB症例はTB 拡大をもたらす可能性があるため、全てのTB疑い例は速やかに保健局へ報告する必要がある。

References

  • CDC. Reported tuberculosis in the United States, 2008. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/tb/statistics/reports/2008/default.htm>. Accessed March 11, 2010.
  • World Health Organization. Anti-tuberculosis drug resistance in the world. Fourth global report. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at <http://www.who.int/tb/publications/2008/drs_report4_26feb08.pdf>. Accessed March 11, 2010.
  • CDC. Trends in tuberculosis-United States, 2008. MMWR 2009;58:249-53.
  • CDC. Report of Verified Case of Tuberculosis (RVCT) instruction manual. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://ftp.cdc.gov/pub/software/tims/2009%20rvct%20documentation /rvct%20training%20materials/rvct%20instruction%20manual.pdf>. Accessed March 11, 2010.
  • CDC. Updated guidelines for the use of nucleic acid amplification tests in the diagnosis of tuberculosis. MMWR 2009;58:7-10.
  • CDC. Guidelines for using the QuantiFERON-TB Gold test for detecting Mycobacterium tuberculosis infection, United States. MMWR 2005;54(No. RR-15):49-55.
  • CDC. CDC immigration requirements: technical instructions for tuberculosis screening and treatment. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/immigrantrefugeehealth/pdf/tuberculosis-ti- 2009.pdf>. Accessed March 16, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ