一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)ペルー海軍の艦船上での2009年パンデミックインフ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/02/19Vol. 59 / No. 6

MMWR59(6): 162-165
Outbreak of 2009 Pandemic Influenza A (H1N1) on a Peruvian Navy Ship - June-July 2009

ペルー海軍の艦船上での2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)のアウトブレイク

2009 年6月25日(サンフランシスコでのドック入りから5日後)、ペルー海軍艦船(乗務員数355名)の乗務員1名が熱性急性呼吸器感染症(FARI)のため診療室を受診した。この艦船はその後3週間巡航を続け、この間さらに84例がFARIを発症し、そのうち78例がパンデミックH1N1インフルエンザと診断された。U.S. Naval Medical Research Center Detachment(NMRCD)はペルー海軍と協力して同艦船上でのパンデミックH1N1インフルエンザのアウトブレイクを調査した。この報告は、その調査結果をまとめたものである。この艦船の健康管理者はFARIの診断法や呼吸器スワブ検体の採取法などについて訓練を受け、乗務員は呼吸器疾患の徴候・症状が発現した場合はすぐに診療室を受診するよう奨励されていた。6月25日に初めてFARI発症例を確認後、6月27日~7月16日に84例が FARI症状を訴えた。FARI発症例に対しては感染予防のためマスクの着用や手指衛生などを勧め、残りの乗務員に対しては毎日FARIのスクリーニングを実施した。FARIを発症した85例中78例(92%)がrRT-PCR法によりパンデミックH1N1陽性と確定された。確定パンデミックH1N1インフルエンザの発病率は22.0%(78/355例)、平均年齢は25.5歳(17.1~33.9歳)であり、非発症例との差はみられなかった。症状としては、発熱(平均38.6℃)以外に咳(75%)、頭痛(75%)、倦怠感(74%)、鼻詰まり(73%)が多かった。合併症発症例や死亡例はみられなかった。WHOインフルエンザ治療ガイドラインに準じて、共存症が既存していた6例には抗ウイルス療法(オセルタミビル)を行った。ペルー出発前に船上で実施されていた船上呼吸器サーベイランスプログラムはアウトブレイクの早期発見を可能にし、その後の感染制御対策の実施はアウトブレイクの進行を抑制した。検査による疾患のサーベイランスと適切なアウトブレイク制御対策は、船上でのパンデミックH1N1インフルエンザの伝播抑制に有用であることが示唆された。

References

  • Mott PJ, Sisk BW, Arbogast JW, Ferrazzano-Yaussy C, Bondi CA, Sheehan JJ. Alcohol-based instant hand sanitizer use in military settings: a prospective cohort study of Army basic trainees. Mil Med 2007;172:1170-6.
  • Ksiazek TG, Olson JG, Irving GS, Settle CS, White R, Petrusso R. An influenza outbreak due to A/USSR/77-like (H1N1) virus aboard a US Navy ship. Am J Epidemiol 1980;112:487-94.
  • Klontz KC, Hynes NA, Gunn RA, Wilder MH, Harmon MW, Kendal AP. An outbreak of influenza A/Taiwan/1/86 (H1N1) infections at a naval base and its association with airplane travel. Am J Epidemiol 1989;129:341-8.
  • Makras P, Alexiou-Daniel S, Antoniadis A, Hatzigeorgiou D. Outbreak of meningococcal disease after an influenza B epidemic at a Hellenic Air Force recruit training center. Clin Infect Dis 2001;33:e48-50.
  • Earhart KC, Beadle C, Miller LK, et al. Outbreak of influenza in highly vaccinated crew of U.S. Navy ship. Emerg Infect Dis 2001;7:463-5.
  • Mouchtouri V, Black N, Nichols G, et al. Preparedness for the prevention and control of influenza outbreaks on passenger ships in the EU: the SHIPSAN TRAINET project communication. Euro Surveill 2009;14(21).
  • Ziebold C, Hassenpflug B, Wegner-Brose H, Wegner K, Schmitt HJ. An outbreak of rubella aboard a ship of the German Navy. Infection 2003;31:136-42.
  • Cross ER, Hermansen LA, Pugh WM, White MR, Hayes C, Hyams KC. Upper respiratory disease in deployed U.S. Navy shipboard personnel. Mil Med 1992;157:649-51.
  • Kilbourne ED. The epidemiology of influenza. In: Influenza. New York, New York: Plenum Medical Book Co.; 1987.
  • Green IJ, Hung SC, Irving GS, Davenport JV. Influenza A virus aboard a US Navy ship in 1972 and the antibody response of the crew to influenza vaccine. Mil Med 1975;140:179-81.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ