一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)アメリカンインディアンにおける梅毒のアウトブレイク・・・

MMWR抄訳

rss

2010/02/19Vol. 59 / No. 6

MMWR59(6): 158-161
Syphilis Outbreak Among American Indians - Arizona, 2007-2009

アメリカンインディアンにおける梅毒のアウトブレイク-アリゾナ州、2007~2009年

2007 年1月25日、Indian Health Service(IHS)はArizona Department of Health Services(ADHS)から過去6ヶ月間に症候性梅毒(一期・二期梅毒)を発症したSouthwest Indian Nationの部族民5例の報告を受けた。同部族では、4月中旬までにさらに3例の梅毒患者が報告され、2007年4月18日、梅毒のアウトブレイクを宣言し、郡・州・連邦からの公衆衛生的支援を依頼した。7月10日、部族およびPima Countyの公衆衛生局、IHS、ADHS、CDCを含む複数の組織が協同してアウトブレイク制御強化対策を開始した。この報告はその概要をまとめたものである。CDCは強化対策の一部として、部族の保健担当者とIHSの公衆衛生看護師に対して性行為感染症(STD)患者の調査とパートナーの追跡調査をするための訓練を開始した。同時に郡・州・部族の公衆衛生局およびIHSの職員から成るアウトブレイク対策グループを編成し、新たな梅毒・HIV・クラミジア・淋菌スクリーニングプログラム(12~55歳の全ての受診者[妊婦を含む]を対象としたクリニック・病院ベーススクリーニング、全ての成人・青少年拘留者のスクリーニング、7つの高校の学生と6件の社会的イベントに参加した青少年のスクリーニング、2か所の作業場の全労働者のスクリーニング、居留地の11地区中7地区の戸別スクリーニング)などを開始した。全体として、2007年1月~2009年6月に梅毒106例(一期:11例、二期:11例、早期潜伏:39例、後期潜伏:24例、期間不明:15例、先天性6例[うち2例は死産])を確認した。成人・青少年100例のうち69例は女性、47例は 25歳以下で、20例は14~19歳であった。また成人・青少年100例に対するインタビューで明らかになった性パートナー198例のうち、46例 (23%)はすでに診断・治療された梅毒患者、34例(17%)は新たな梅毒患者(一期:5例、二期:5例、早期潜伏:20例、期間不明:3例、後期潜伏:1例)であり、36例(18%)には潜伏梅毒に対する推定治療を行った。新たな梅毒スクリーニングプログラムでは5,874名を検査し、梅毒51例を同定した。このアウトブレイクでは初期のコミュニケーションギャップにより対応が遅れたが、アウトブレイク対策グループの編成によりコミュニケーションが改善した。アメリカンインディアン部族は様々な公衆衛生管轄区の共同責任下にあることが多いが、そのような部族でSTDアウトブレイクが発生した場合には部族とIHSの代表者、州・地域の公衆衛生局職員を含むアウトブレイク対策グループの編成がアウトブレイク制御の取り組みを改善する可能性がある。

References

  • CDC. Program operations guidelines for STD prevention: outbreak response plan. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 1992. Available at <http://www.cdc.gov/std/program/outbreak.pdf>. Accessed February 11, 2010.
  • Shafer MA, Hilton JF, Ekstrand M, et al. Relationship between drug use and sexual behaviors and the occurrence of sexually transmitted diseases among high-risk male youth. Sex Transm Dis 1993;20:307-13.
  • Arizona Department of Health Services. 2008 Arizona STD annual report. Phoenix, AZ: Arizona Department of Health Services; 2009. Available at <http://azdhs.gov/phs/oids/std/pdf /Arizona%20STD%20Annual%20Report%202008.pdf>. Accessed February 11, 2010.
  • US Census Bureau. American Indian and Alaska Native population by tribe: 2000. In: American Indian, Alaska Native tables from the Statistical Abstract of the United States: 2004-2005. Available at <http://www.census.gov/statab/www/sa04aian.pdf>. Accessed July 23, 2009.
  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance, 2007. Atlanta GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/std/stats08/surv2008-complete.pdf>. Accessed February 11, 2010.
  • CDC, Indian Health Service. Indian health surveillance report-sexually transmitted diseases 2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/std/stats/ihs/ihs-survrpt_web508nov2009.pdf>. Accessed February 11, 2010.
  • Chen JL, Kodagoda D, Lawrence M, Kerndt PR. Rapid public health interventions in response to an outbreak of syphilis in Los Angeles. Sex Transm Dis 2002;29:277-84.
  • Finelli L, Levine WC, Valentine J, St Louis ME. Syphilis outbreak assessment. Sex Transm Dis 2001;28:131-5.
  • Allison MT, Rivers PA, Fottler MD. Future public health delivery models for Native American tribes. Public Health 2007;121:296-307.
  • Bertolli J, Roussel A, Harris J, et al. Surveillance of infectious diseases among American Indians and Alaska Natives. J Health Disparities Res Prac 2008;2:121-44.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ