一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)母乳保育を介する黄熱病ワクチンウイルス伝染-ブラジ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/02/12Vol. 59 / No. 5

MMWR59(5): 130-132
Transmission of Yellow Fever Vaccine Virus Through Breast-Feeding - Brazil, 2009

母乳保育を介する黄熱病ワクチンウイルス伝染-ブラジル、2009年

2009 年4月、ブラジルのリオグランデドスルにおいて、出産後に黄熱病ワクチンの接種を受けた母親に母乳で育てられていた乳児が髄膜脳炎を発症した。22歳の母親は3月23日、妊娠39週にて帝王切開により健常女児を出産した。リオグランデドスルではこの月、黄熱病の感染が広がったため、4月7日(産後15日目)、母親は帝王切開の縫合糸を抜糸するために訪れた病院で、17DD黄熱病ワクチンの接種を受けた。4月12日、母親は頭痛、倦怠感、発熱を来たしたが、医療機関を受診しなかった。15日には生後23日の女児が発熱し、翌日、てんかんの様な動きを示したため入院、この時点で左上肢間代性痙攣を来たし、ジアゼパム(0.15mg)が投与された。口周囲チアノーゼも認められ、酸素飽和度はpO<sub2

References

  • Brazilian Ministry of Health. Emergências em Saúde Pública de Importância Nacional (ESPIN) de Febre Amarela Silvestre em São Paulo e no Rio Grande do Sul e a Situação Epidemiológica Atual no Brasil (2008/2009). [Portuguese] Available at <http://portal.saude.gov.br/portal/arquivos/pdf /boletim_febre_amarela_09_12_09.pdf>. Accessed February 9, 2010.
  • dos Santos CN, Post PR, Carvalho R, Ferreira, II, Rice CM, Galler R. Complete nucleotide sequence of yellow fever virus vaccine strains 17DD and 17D-213. Virus Res 1995;35:35-41.
  • Wang E, Weaver SC, Shope RE, Tesh RB, Watts DM, Barrett AD. Genetic variation in yellow fever virus: duplication in the 3’ noncoding region of strains from Africa. Virology 1996;225:274-81.
  • Monath TP, Centron MS, Teuwen DE. Yellow fever vaccine. In: Plotkin SA, Orenstein WA, Offit PA, eds. Vaccines. 5th ed. Philadelphia, PA: WB Saunders; 2008.
  • McMahon AW, Eidex RB, Marfin AA, et al. Neurologic disease associated with 17D-204 yellow fever vaccination: a report of 15 cases. Vaccine 2007;25:1727-34.
  • Khromava AY, Eidex RB, Weld LH, et al. Yellow fever vaccine: an updated assessment of advanced age as a risk factor for serious adverse events. Vaccine 2005;23:3256-63.
  • CDC. Yellow fever vaccine; recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2002;51(No. RR-17).
  • World Health Organization. Yellow fever vaccine: WHO position paper. Wkly Epidem Rec 2003;78:349-59.
  • Hinckley AF, O’Leary DR, Hayes EB. Transmission of West Nile virus through human breast milk seems to be rare. Pediatrics 2007;119:e666-71.
  • CDC. Possible West Nile virus transmission to an infant through breast-feeding-Michigan, 2002. MMWR 2002;51:877-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ