一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)最新情報:おたふく風邪のアウトブレイク-ニューヨー・・・

MMWR抄訳

rss

2010/02/12Vol. 59 / No. 5

MMWR59(5):125-129
Update: Mumps Outbreak - New York and New Jersey, June 2009-January 2010

最新情報:おたふく風邪のアウトブレイク-ニューヨークとニュージャージー州、2009年6月~2010年1月

2009年6月、ニューヨーク州(NY)においておたふく風邪のアウトブレイクが発生した。最初の症例は6月17日にイギリス旅行から帰国した11歳の少年であり、帰国後に参加したサマーキャンプ(NY、サリバン郡)にて発症(6月28日)、その後キャンプ参加者に感染が広がり、2010年1月29日現在、計1,521例が報告されている。これらの症例はNYとニュージャージー州(NJ)の7つの郡にて発生し、ニューヨーク市(主にブルックリン)にて675例(44%)と最も多く、次いでオレンジ郡(364例、24%)、ロックランド郡(298例、20%)、NJの4郡(159例、10%)の順であり、年齢が明らかな 1,518例では1,385例(91%)が6歳以上であり[中央値15歳(3ヶ月~90歳)]、性別が明らかな1,489例では1,136例(76%)が男性であった。報告された合併症は精巣炎(55例)、膵炎(5例)、無菌性髄膜炎(2例)、一過性の難聴(1例)、顔面麻痺(1例)、卵巣炎(1例)であり、19例が入院、死亡例は報告されていない。Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)はMMRワクチンを2回(1回目:12~15ヶ月齢、2回目:4~6歳)接種するよう勧告しており、予防接種の状況が明らかな1,115例(18歳以下:966、19歳以上:149)では、976例(88%)はアウトブレイク前に少なくとも1回、839例(75%)は少なくとも2回、おたふく風邪を含むワクチンの接種を受けていた。7~18歳では93%が少なくとも1回、85%が2回のMMRワクチン接種を受けていた。今回のアウトブレイクによる症例群はワクチン接種率が高く、ワクチン接種はおたふく風邪の発症を十分には抑制できないと考えられる。アウトブレイクは現在も進行しており、州や地域の保健局は予防接種が完了していない小児および予防接種の状態がわからない成人は接種を受けるよう勧告を出しており、また、NYオレンジ郡では2010年1月19日より2ヶ月以上感染が拡大している学校(3校)にて3回目のワクチン接種を開始、現在その効果を調査している。

References

  • CDC. Mumps outbreak-New York, New Jersey, Quebec, 2009. MMWR 2009;58:1270-4.
  • Barskey AE, Glasser JW, LeBaron CW. Mumps resurgences in the United States: a historical perspective on unexpected elements. Vaccine 2009;27:6186-95.
  • Dayan GH, Rubin S. Mumps outbreaks in vaccinated populations: are available mumps vaccines effective enough to prevent outbreaks? Clin Infect Dis 2008;47:1458-67.
  • Hviid A, Rubin S, Muhlemann K. Mumps. Lancet 2008;371:932-44.
  • Marin M, Quinlisk P, Shimabukuro T, et al. Mumps vaccination coverage and vaccine effectiveness in a large outbreak among college students-Iowa, 2006. Vaccine 2008;26:3601-7.
  • Cohen C, White JM, Savage EJ, et al. Vaccine effectiveness estimates 2004-2005 mumps outbreak, England. Emerg Infect Dis 2007;13:12-7.
  • Date AA, Kyaw MH, Rue AM, et al. Long-term persistence of mumps antibody after receipt of 2 measles-mumps-rubella (MMR) vaccinations and antibody response after a third MMR vaccination among a university population. J Infect Dis 200815;197:1662-8.
  • CDC. Updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) for the control and elimination of mumps. MMWR 2006;55:629-30.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ