一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)政府機関の職場内、民間企業の職場内、レストランでの・・・

MMWR抄訳

rss

2010/02/05Vol. 59 / No. 4

MMWR59(4): 105-108
State Preemption of Local Smoke-Free Laws in Government Work Sites, Private Work Sites, and Restaurants - United States, 2005-2009

政府機関の職場内、民間企業の職場内、レストランでの地域禁煙法における州法の専占(state preemption)-アメリカ、2005~2009年

喫煙規制(職場内および公共の場での喫煙の完全禁止)は心臓発作の予防などの点で健康上有益である。州レベルでの専占的法律制定は、州法と異なる、あるいはより厳格な地域規制の制定を禁止する。Healthy People 2010の目標のひとつは、より強力な地域たばこ規制の制定を妨げる専占的州法を排除することである。CDCは、CDC State Tobacco Activities Tracking and Evaluation(STATE)システムを利用して地域喫煙規制に関する専占的州法をモニタリングしている。2005年CDCレビューでは、非喫煙労働者・雇用者が受動喫煙に曝露される頻度が高い屋内3ヶ所(政府機関・民間企業の職場、レストラン)での喫煙規制に関する専占的州法の数はほとんど減少していなかった。この報告は以前の分析結果を更新し、2004年12月31日~2009年12月31日における専占的州法数の変化をまとめたものである。この期間中、これら屋内3ヶ所のうち少なくとも1ヶ所で専占的規制を有する州の数は19州から12州に、3ヶ所全てで専占的規制を有する州の数は15州から 8州に減少した。また政府機関職場内、民間企業職場内、レストランでの専占的規制を有する州の数はそれぞれ16州から9州、15州から9州、18州から 12州に減少した。以上、2005~2009年にかけて専占的州法の排除は進展していることが明らかになった。さらなる専占的州法の排除により、受動喫煙曝露は一層減少する可能性がある。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/secondhandsmoke/report /fullreport.pdf>. Accessed January 28, 2010.
  • International Agency for Research on Cancer. Evaluating the effectiveness of smoke-free policies. Lyon, France: World Health Organization Press; 2009. <Available at http://www.iarc.fr/en/publications/pdfs-online/prev/handbook13 /index.php>. Accessed January 28, 2010.
  • Institute of Medicine. Secondhand smoke exposure and cardiovascular effects: making sense of the evidence. Washington, DC: The National Academies Press; 2009.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy People 2010 midcourse review. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2006. Available at <http://www.healthypeople.gov/data/midcourse>. Accessed January 28, 2010.
  • CDC. Preemptive state smoke-free indoor air laws-United States, 1999-2004. MMWR 2005;54:250-3.
  • National Cancer Institute. State and local legislative action to reduce tobacco use. Smoking and tobacco control monograph no. 11. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2000.
  • CDC. Preemptive state tobacco-control laws-United States, 1982-1998. MMWR 1999;47:1112-4.
  • CDC. State laws on tobacco control-United States, 1998. MMWR 1999;48(No. SS-3):21-62.
  • The Task Force on Community Preventive Services. The guide to community preventive services: what works to promote health? New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at <http://www.thecommunityguide.org/tobacco/tobacco.pdf>. Accessed January 28, 2010.
  • O’Connor JC, MacNeil A, Chriqui JF, Tynan M, Bates H, Eidson SKS. Preemption of local smoke-free air ordinances: the implications of judicial opinions for meeting national health objectives. J Law Med Ethics 2008;36:403-12.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ