一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)自家製シチューに関連したJimsonweed(Da・・・

MMWR抄訳

rss

2010/02/05Vol. 59 / No. 4

MMWR59(4): 102-104
Jimsonweed Poisoning Associated with a Homemade Stew - Maryland, 2008

自家製シチューに関連したJimsonweed(Datura stramonium)中毒-メリーランド、2008年

2008 年7月9日の早朝、1家族6例(38~80歳)が約3~4時間続く幻覚、錯乱、散瞳、頻脈を主訴としてメリーランド州のある救急診療部を受診した。これら 6例は約4~5時間前(7月8日、午後9時頃)に自家製シチューとパンを食べており、その後の調査で jimsonweed(Datura stramonium)による抗コリン作用性中毒と診断された。この報告は、この中毒事例の概要とMontgomery County Department of Health and Human Services(MCDHHS)およびMaryland Department of Health and Mental Hygiene(MDHMH)が行った調査結果をまとめたものである。受診時6例中2例は意識消失状態であり、他の4例は精神状態の変化がみられたため食物摂取歴は完全には聴取できなかった。中毒管理センターに照会したところ、その症状は抗コリン作用性中毒と一致していることが明らかになった。全例が入院して心モニタリングをしながら支持療法を受け、4例は激越抑制のためロラゼパムを投与された。その後6例とも精神状態は改善し、退院時(入院3~5日目) までに正常となった。2009年7月9日にMCDHHSとMDHMH、7月10日に公衆衛生研究者と園芸専門家が調査を開始した。シチュー調理者は具材としてジャガイモとニンニク、玉ねぎ、トマト、カレーパウダーの他に庭に生えていた2種類の植物(1種類はミント、1種類は不明)を入れたと報告し、残りのシチューの中と台所のごみ箱、庭でjimsonweedが発見された。Maryland Department of Agriculture Laboratoryの検査では残りのシチュー内にアトロピンとスコポラミンが検出され、最終的にjimsonweedを原因とした食中毒による精神状態変化と診断された。jimsonweedはベラドンナアルカロイドを含むため抗コリン作用性毒性を引き起こす可能性がある。jimsonweed中毒の報告例は幻覚効果を目的として使用した青少年・若年成人がほとんどであるが、健康管理者と公衆衛生局は様々な年齢層でその中毒が発生する可能性があることを意識し、抗コリン作用性毒性の食品関連アウトブレイクの原因としてjimsonweed中毒も考慮する必要がある。またjimsonweed中毒の迅速診断には、園芸専門家や中毒管理センターなどの協力が有用である。

References

  • CDC. Jimson weed poisoning-Texas, New York, and California, 1994. MMWR 1995;44:41-3.
  • Friedman M, Levin C. Composition of jimson weed (Datura stramonium) seeds. J Agric Food Chem 1989;37:998-1005.
  • US National Library of Medicine. Toxicology data network (TOXNET). Available at <http://toxnet.nlm.nih.gov>. Accessed January 28, 2010.
  • Spina SP, Taddei A. Teenagers with Jimson weed (Datura stramonium) poisoning. CJEM 2007;9:467-8.
  • Shervette RE, Schydlower M, Lampe RM, Fearnow RG. Jimson “loco” weed abuse in adolescents. Pediatrics 1979;63:520-3.
  • Lazzarini D, Baffoni MT, Cangiotti C, et al. Food poisoning by Datura stramonium: an unusual case report. Intern Emerg Med 2006;1:88-90.
  • Chang SS, Wu ML, Deng JF, Lee CC, Chin TF, Liao SJ. Poisoning by Datura leaves used as edible wild vegetables. Vet Hum Toxicol 1999;41:242-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ