一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)周産期HIV感染症と診断された小児における人種/民・・・

MMWR抄訳

rss

2010/02/05Vol. 59 / No. 4

MMWR59(4):97-101
Racial/Ethnic Disparities Among Children with Diagnoses of Perinatal HIV Infection - 34 States, 2004-2007

周産期HIV感染症と診断された小児における人種/民族間格差-34州、2004~2007年

アメリカにおける周産期後天性AIDS/HIV感染症の年間診断数は、妊婦を対象としたルーチンでのHIVスクリーニングと効果的な感染予防介入の実施により1990年代初期以降約90%低下した。HIV/AIDS流行早期には成人・小児のAIDS診断数に人種/民族間格差がみられたことから、CDCは人種 /民族間における周産期HIV感染症診断の最新の傾向を調査するため34州における2004~2007年の全国HIVサーベイランスデータを分析した。この期間中の周産期HIV感染症診断例は全体で612例であり、年間平均診断率(1歳以下の乳児10万人あたり)は2.7例であった。これら612例中 422例(69%)は黒人/アフリカ系アメリカ人、98例(16%)はラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人、66例(11%)は白人であり、周産期HIV 感染症の年間平均診断率は黒人/アフリカ系アメリカ人12.3例、ラテンアメリカ系2.1例、白人0.5例であった。この診断率は黒人/アフリカ系アメリカ人およびラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人が白人に比べてそれぞれ23.1倍、3.8倍高かったが、2004年から2007年にかけて診断率は黒人小児で14.8例から10.2例、ラテンアメリカ系小児で2.9例から1.7例に低下し、人種/民族間格差は狭まった。周産期HIV伝播と人種/民族間格差をさらに減少させるため、全てのHIV感染妊婦(特に黒人・ラテンアメリカ系女性)に対して出生前管理や早期抗レトロウイルス治療などの推奨されている介入を実施するべきである。

References

  • CDC. Acquired immune deficiency syndrome (AIDS) among blacks and Hispanics-United States. MMWR 1986;35:655-66.
  • CDC. Cases of HIV infection and AIDS in the United States, 2007. HIV/AIDS surveillance report, 2007. Vol. 19. Atlanta,GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports>. Accessed February 3, 2010.
  • Lindegren ML, Byers RH, Thomas P, et al. Trends in perinatal transmission of HIV/AIDS in the United States. JAMA 1999;282:531-8.
  • CDC. Revised surveillance case definitions for HIV infection among adults, adolescents, and children aged <18 months and for HIV infection and AIDS among children aged 18 months to <13 years-United States, 2008. MMWR 2008;57(No. RR-10).
  • CDC. Subpopulation estimates from the HIV incidence surveillance system-United States, 2006. MMWR 2008;57:985-9.
  • Aral SO, Adimora AA, Fenton KA. Understanding and responding to HIV and other sexually transmitted infections in African Americans. Lancet 2008;372:337-40.
  • Gavin NI, Adams EK, Hartmann KE, Benedict MB, Chireau M. Racial and ethnic disparities in the use of pregnancy-related health care among Medicaid pregnant women. Matern Child Health J 2004;8:113-26.
  • Peters V, Liu KL, Dominguez K, et al. Missed opportunities for perinatal HIV prevention among HIV-exposed infants born 1996-2000, pediatric spectrum of HIV disease cohort. Pediatrics 2003;111:1186-91.
  • Cunningham CK, Balasubramanian R, Delke I, et al. The impact of race/ethnicity on mother-to-child HIV transmission in the United States in Pediatric AIDS Clinical Trials Group Protocol 316. J Acquir Immune Defic Syndr 2004;36:800-7.
  • European Collaborative Study. Mother-to-child transmission of HIV infection in the era of highly active antiretroviral therapy. Clin Infect Dis 2005;40:458-65.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ