一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)公立学校における全乳から低脂肪/無脂肪牛乳への変更・・・

MMWR抄訳

rss

2010/01/29Vol. 59 / No. 3

MMWR59(3): 70-73
Effects of Switching from Whole to Low-Fat/Fat-Free Milk in Public Schools - New York City, 2004-2009

公立学校における全乳から低脂肪/無脂肪牛乳への変更による効果-ニューヨーク市、2004~2009年

2005 年、ニューヨーク市教育省(DOE)は小児の肥満増加から、公立学校における給食の変更を検討し、全乳の消費を減らし、低脂肪または無脂肪牛乳を増やし、カルシウム摂取量を維持した上で生徒の脂肪およびカロリー摂取を減少することを決定した。業界は、全乳の撤去で牛乳そのものの需要が減るのではとの懸念を表明したが、 DOEは2005~2006年にかけて、全ての公立学校のカフェテリア(約110万人の生徒を対象)からの全乳撤去を決定し、ブロンクス、マンハッタンでは2005年秋、クィーン、ブルックリン、スタッテン島では2006年2月より開始し、2006年度には市内全域で撤去された。2004~2006 年、生徒1人あたりの牛乳消費量は8%減少し、その後増加に転じ、2009年には1.3%増となった。全乳は牛乳購入量の33%(2004年)から2%未満(2009年)となり、低脂肪/無脂肪牛乳はそれぞれ4%、2%(2004年)から35%、7%(2009年)に増加、甘みをつけた牛乳やチョコレートミルクは61%(2004年)から57%(2009年)とほぼ横這いであった。牛乳によるカロリー摂取量および脂肪量は2004年ではそれぞれ183億カロリー、5億2000万gであったが、2009年には137億カロリー(25%減)、9800万g(81%減)となり、生徒1人あたり3,484カロリー(1日あたり19.2カロリー)、382g(1日あたり2.1g)の減少、牛乳を飲む生徒1人あたり5,960カロリー(1日あたり32.9)、 619g(1日あたり3.4g)の減少となった。この変更により生徒の栄養的環境は改善しており、味の好みも低脂肪乳へ変化していくことと思われる。

References

  • Egger JR, Bartley KF, Benson L, Bellino D, Kerker B. Childhood obesity is a serious concern in New York City: higher levels of fitness associated with better academic performance. NYC Vital Signs 2009;8:1-4. Available at <http://www.nyc.gov/html/doh/downloads/pdf/survey/survey- 2009fitnessgram.pdf>. Accessed January 21, 2010.
  • US Department of Agriculture. School Nutrition Dietary Assessment study-III: vol. 1: school foodservice, school food environment, and meals offered and served. Washington, DC: US Department of Agriculture; 2007. Available at <http://www.fns.usda.gov/ora/menu/published/cnp/files/sndaiii- vol1execsum.pdf>. Accessed January 26, 2010.
  • Cullen KW, Watson KB. The impact of the Texas public school nutrition policy on student food selection and sales in Texas. Am J Public Health 2009;99:706-12.
  • Hanagriff RD, Murphy TH. 2006-2007 School year assessment of the Texas Public School Nutrition Policy: menu analysis. Austin, TX: Texas Department of Agriculture; 2007. Available at <http://www.squaremeals.org/vgn/tda/files/2348 /20013_Square_Meals_Menu_Analysis_2007_Report_FINAL.pdf>. Accessed January 21, 2010.
  • Saidel M, Patterson J. The removal of flavored milk in schools results in a decline in total milk purchases in all grades, K-12. Poster presented at American Dietetic Association 2009 Food and Nutrition Conference and Exposition; Denver, CO; October 17-20, 2009.
  • World Health Organization. Road safety. In: Peden M, Scurfield R, Sleet D, et al., eds. World report on road traffic injury prevention. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2004. Available at <http://www.who.int/violence_injury_prevention/publications/road_traffic /world_report/summary_en_rev.pdf>. Accessed January 21, 2010.
  • CDC. Ten great public health achievements-United States, 1900-1999. MMWR 1999;48:241-3.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ