一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)暫定的結果:1価インフルエンザA(H1N1)200・・・

MMWR抄訳

rss

2010/01/22Vol. 59 / No. 2

MMWR59(2): 44-48
Interim Results: Influenza A (H1N1) 2009 Monovalent Vaccination Coverage - United States, October-December 2009

暫定的結果:1価インフルエンザA(H1N1)2009ワクチン接種率-アメリカ、2009年10月~12月

2009 年7月、米国予防接種諮問委員会(ACIP)は1価インフルエンザA(H1N1)2009ワクチンの使用を勧告した。ワクチン供給が限られているため、 ACIPは約16,000万人を優先接種群(妊婦、生後6ヶ月未満の乳児のいる人・その世話をする人、医療従事者、生後6ヶ月~24歳の小児・若年成人、インフルエンザ関連合併症の発症リスクの高い疾患を有する25~64歳の成人)、そのうち約4,200万人(最近は約6,200万人)を最優先接種群(妊婦、生後6ヶ月未満の乳児のいる人・その世話をする人、患者あるいは感染性物質と直接接触する医療従事者、生後6ヶ月~4歳の小児、インフルエンザ関連合併症の発症リスクの高い疾患を有する5~18歳の小児)とし、残りの人々にはワクチン供給増加後に接種することを勧奨した。2009-10インフルエンザシーズン中の1価インフルエンザA(H1N1)2009ワクチン接種率を調査するため、CDCはNational 2009 H1N1 Flu Survey(NHFS)の2009年12月27日~2010年1月2日のデータとBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)サーベイの2009年12月1日~27日のデータを分析した。1月2日の時点での生後6ヶ月以上の米国住民における1価インフルエンザA(H1N1)2009ワクチン接種率は米国全人口の20.3%(約6100万人)、優先接種群27.9%(約4500万人)、最優先接種群 37.5%(2300万人)であった。生後6ヶ月~18歳の小児における接種率は約29.4%であった(生後6ヶ月~4歳:33.0%)。ワクチン供給が十分となった現在、優先接種群における接種率を高め、65歳以上の高齢者を含む残りの米国住民に接種を勧める努力が必要である。

References

  • CDC. Use of influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2009. MMWR 2009;58(No. RR-10).
  • CDC. National Influenza Vaccination Week-January 10-16, 2010. MMWR 2010;58(51&52);1444.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among children and adults-United States, 2008-09 season. MMWR 2009;58:1091-5.
  • CDC. Vaccination coverage estimates from the National Health Interview Survey: United States, 2008. Updated July 22, 2009. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/hestat/vaccine_coverage.htm. Accessed January 14, 2009>.
  • Finelli L, Fiore A, Dhara R, et al. Influenza-associated pediatric mortality in the United States: increase of Staphylococcus aureus coinfection. Pediatrics 2008;122:805-11.
  • Jamieson DJ, Honein MA, Rasmussen SA, et al. H1N1 2009 influenza virus infection during pregnancy in the USA. Lancet 2009;374:451-8.
  • Louie JK, Acosta M, Jamieson DJ, Honein MA, California Pandemic (H1N1 Working Group. Severe 2009 H1N1 influenza in pregnant and postpartum women in California. N Engl J Med 2010;362:27-35.
  • CDC. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines-recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2009. MMWR 2009;58(No. RR-8):26.
  • Jain S, Kamimoto L, Bramley AM, et al. Hospitalized patients with 2009 H1N1 influenza in the United States, April-June 2009. N Engl J Med 2009;361:1935-44.
  • Henderson DA, Courtney B, Inglesby TV, et al. Public health and medical responses to the 1957-58 influenza pandemic. Biosecur Bioterror 2009;7:265-73.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ