一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)水棲カエルに関連したヒトSalmonella Ty・・・

MMWR抄訳

rss

2010/01/08Vol. 58 / No. 51& 52

MMWR58(51&52):1433-1436
Multistate Outbreak of Human SalmonellaTyphimurium Infections Associated with Aquatic Frogs - United States, 2009

水棲カエルに関連したヒトSalmonella Typhimurium感染症の複数州におけるアウトブレイク-アメリカ、2009年

2009 年4月~7月、Utah Department of Healthは同様のPFGEパターンを示すSalmonellaTyphimurium感染症の5症例を確認した。CDCはこの感染源を特定するため、8月から複数州においてアウトブレイクの調査を開始した。この報告は、現在も進行中の調査結果の概要をまとめたものである。12月30日現在、31州、85例でS.typhimurium分離菌株を同定した。感染例の52%は男性で、年齢中央値は5歳(生後3週~54 歳)であり、79%は10歳未満であった。転帰の情報が得られた47例中16例(34%)が入院したが、死亡例はなかった。15州の感染者19例、対照者 31例を対象として実施された症例―対照研究では、カエルの曝露と本感染症との有意な相関を認めた(曝露率:症例群63%、対照群3%)。カエルの種類が確認された14例全てで、水棲種であるAfrican dwarf frogへの曝露歴があった。感染者4例の自宅のカエル飼育槽より採取した環境サンプルより、アウトブレイク株と同一のS.Typhimuriumが分離された。トレースバック調査にてこれらのカエルはカリフォルニアの同じブリーダーが養殖したものであることが明らかになり、その養殖施設の様々な場所で採取した環境サンプルからもアウトブレイク株と同一のS.Typhimuriumが同定された。カメなどの爬虫類やカエルなどの両生類はSalmonella感染源であることが知られており、カメとの接触に関連したヒトSalmonella感染症の複数州にわたるアウトブレイクは2006年以降3回発生している。両生類に関連したサルモネラ症の複数州でのアウトブレイクはこれが初めての報告であるが、今後は爬虫類との接触によるサルモネラ症を防ぐための啓発資料に両生類も含めるべきである。

References

  • Mermin J, Hutwagner L, Vugia D, et al. Reptiles, amphibians, and human Salmonella infection: a population-based, case-control study. Clin Infect Dis 2004;38(Suppl 3):S253-61.
  • Bartlett KH, Trust TJ, Lior H. Small pet aquarium frogs as a source of Salmonell. Appl Environ Microbiol 1977;33:1026-9.
  • CDC. Multistate outbreak of human Salmonella infections associated with exposure to turtles-United States, 2007-2008. MMWR 2008;57:69-72.
  • CDC. Turtle-associated salmonellosis in humans-United States, 2006-2007. MMWR 2007;56:649-52.
  • Voetsch AC, Van Gilder TJ, Angulo FJ, et al. FoodNet estimate of the burden of illness caused by nontyphoidal Salmonella infections in the United States. Clin Infect Dis 2004;38(Suppl 3):S127-34.
  • CDC. Compendium of measures to prevent disease associated with animals in public settings, 2009: National Association of State Public Health Veterinarians, Inc. (NASPHV). MMWR 2009;58(No. RR-5).
  • Trust TJ, Bartlett KH, Lior H. Importation of salmonellae with aquarium species. Can J Microbiol 1981;27:500-4.
  • Mann PH, Bjotvedt G. Salmonella organisms isolated from water used for storage of pet turtles. Can J Comp Med Vet Sci 1967;31:43-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ