一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)6~19歳の若者における"窒息ゲーム"による不慮の・・・

MMWR抄訳

rss

2008/02/15Vol. 57 / No. 6

MMWR57(6):141-144
Unintentional Strangulation Deaths from the “Choking Game” Among Youths Aged 6-19 Years - United States, 1995-2007

6~19歳の若者における”窒息ゲーム”による不慮の窒息死-アメリカ、1995~2007年

“窒息ゲーム”は自分であるいは誰かに手やロープなどで首を絞め、脳の血流を止めた後にロープを放すことで、短い間ふわふわした感覚を味わうゲームである。主に若者の間で流行しているが、最近、このゲームによる死者が報告されるようになり、CDCはその状況に関してLexisNexisの1970年代以降の新聞記事および窒息ゲームに関するwebsiteレポートを参照に調査を行った。”窒息ゲーム”による死者は1995年に初めて確認され、1995‐2004年の間は年間3名以下であった死者が、2005年には22名、2006年35名、2007年9名と急増し、1995‐2007年における”窒息ゲーム”による6‐19歳の若者の死者は82名(男71女11、平均年齢13.3歳)であった。死亡した状況が明らかな70名のうち、67名(95.7%)は一人でゲームに興じていた際に死亡しており、また、ほとんどの場合、両親は子供が死亡するまでゲームのことに気が付いていなかった。死者は31州に及び、地理的な偏りはなく、季節や曜日の偏りも認められていない。CDCは親、教師および医療関係者に対して”窒息ゲーム”に興じている可能性を示すサインについて、ゲームのことを口にする、充血した眼、頸部のあざ、度重なる頭重、一人で部屋で過ごした後の見当識障害、家具やドアノブに結ばれたロープ、スカーフ、ベルト、またはそれらが床に落ちていることなどを挙げ、十分注意するよう警告している。

References

  • Andrew TA, Fallon KK. Asphyxial games in children and adolescents. Am J Forensic Med Pathol 2007;28:303-7.
  • Urkin J, Merrick J. The choking game or suffocation roulette in adolescence. Int J Adolesc Med Health 2006;18:207-8.
  • Williams County Partnerships for Success. Williams County Youth Health Risk Behavioral Survey, fall 2006. Bryan, OH: Williams County Partnerships for Success; 2007. Available at <http://www.co. williams.oh.us/family%20first/williams%20final%20report%202-6- 07.pdf.>
  • Slovic P. Risk-taking in children: age and sex differences. Child Dev 1966;37:169-76.
  • Le D, Macnab AJ. Self strangulation by hanging from cloth towel dispensers in Canadian schools. Inj Prev 2001;7:231-3.
  • Gicquel JJ, Bouhamida K, Dighiero P. Ophthalmological complications of the asphyxiophilic “scarf game” in a 12-year-old child [French]. J Fr Ophtalmol 2004;27:1153-5.
  • Shlamovitz GZ, Assia A, Ben-Sira L, Rachmel A. “Suffocation roulette”: a case of recurrent syncope in an adolescent boy. Ann Emerg Med 2003;41:223-6.
  • Lunetta P, Tiirikainen K, Smith GS, Penttila A, Sajantila A. How well does a national newspaper reporting system profile drowning? Int J Inj Contr Saf Promot 2006;13:35-41.
  • Rainey DY, Runyan CW. Newspapers: a source for injury surveillance? Am J Public Health 1992;82:745-6.
  • Sorenson SB, Manz JG, Berk RA. News media coverage and the epidemiology of homicide. Am J Public Health 1998;88:1510-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ