一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2007年(Vol.56)チルドレンキャンプにおける皮膚幼虫移行症のアウトブ・・・

MMWR抄訳

rss

2007/12/14Vol. 56 / No. 49

MMWR56(49):1285-1287
Outbreak of Cutaneous Larva Migrans at a Children’s Camp - Miami, Florida, 2006

チルドレンキャンプにおける皮膚幼虫移行症のアウトブレイク-フロリダ州マイアミ、2006年

2006年7月19日、Miami‐Dade County Health Department(MDCHD)に皮膚幼虫移行症(CLM)またはクリーピング病と診断された小児3例が報告された。症例はマイアミにあるキャンプ場において6月5日‐7月28日に2週間×4期実施されたキャンプに参加し、キャンプは2‐6歳を対象とした半日プログラムと5‐15歳を対象とした全日プログラムの2つに分かれ、各期、子供約300名とスタッフ約80名が参加していた。7月20日、キャンプ参加者、保護者およびスタッフにこれらの症例に関する情報が伝えられ、保護者には子供の蛇行状紅斑、痒み、膿のある病変等、感染の症状の有無が質問され、22例(子供18、スタッフ4、上記3例を含む)からCLMの症状が認められるとの報告があり、電話による詳細な調査の結果、全例が臨床的にCLMであると疑われた。発症の時期は6月20日‐8月1日、年齢は子供4(2‐6)歳、スタッフ17(16‐19)歳、症状は紅斑(100%)、掻痒性発疹(100%)、蛇行状病変(77.3%)、発疹または病変の移動(50.0%)、水疱性病変(27.3%)、膿をもつ病変(18.2%)等を示し、病変部位は臀部(68.2%)、足(45.5%)、脚(27.3%)、手(9.1%)、鼠径部(9.1%)、腹部(4.5%)であった。全例が医療機関を受診し、CLMと診断され、チアベンダゾール、メベンダゾール、アルベンダゾールまたはイベルメクチンが処方された。22例全例が2‐6歳を対象とした半日プログラムに参加し、子供は水着を着て運動場の砂場(400立方フィート、2年前に入れ替え)の近くで毎日約1時間過ごし、スタッフは半日、全日プログラムの両方に参加し、ビーチやバレーボールコートの砂に触れていた。砂場の近くでネコが目撃されていたため、調査が行われ、砂場内および周囲に動物の糞を認めたが、検体として採取しなかった。また、ビーチにはイヌが散歩していることから感染源の1つとして疑われ、さらに家でペットを飼っている(10例、45%)、発症前に他のビーチに行った(9例、41%)、他のキャンパーとタオルや洋服を共用した(4例、18%)などの可能性も考えられた。MDCHDは砂場が感染源として7月26日に再度調査したが、動物の糞は認められなかった。砂を入れ替え、野良猫2匹を屠殺し、砂場を使わない間は蓋をするよう指導し、その後9月2日までの間に新たな症例は報告されていない。CLMは鉤虫に感染した動物の糞に含まれる卵に汚染された砂や土に接触して発症し、二次感染症(Loffler症候群、好酸性腸炎)や鉤虫貧血などを合併する危険がある。CLMの予防にはイヌやネコの治療が第1であるため、飼い主は1‐2年に1回検査を受け、また、野生動物に関してはヒトの活動範囲から糞を除去することが重要である。

References

  • Gillespie SH. Cutaneous larva migrans. Curr Infect Dis Rep 2004;6:50-3.
  • Anderson TC, Foster GW, Forrester DJ. Hookworms of feral cats in Florida. Vet Parasitology 2003;115:19-24.
  • American Academy of Pediatrics, American Public Health Association, and National Resource Center for Health and Safety in Child Care and Early Education. Caring for our children: national health and safety performance standards: guidelines for out-of-home child care programs, 2nd ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics. Washington, DC: American Public Health Association; 2002.
  • Davies HD, Sakuls P, Keystone JS. Creeping eruption. A review of clinical presentation and management of 60 cases presenting to a tropical disease unit. Arch Dermatol 1993;129:588-91.
  • Tremblay A, MacLean JD, Gyorkos T, et al. Outbreak of cutaneous larva migrans in a group of travelers. Trop Med Int Health 2000;5:330-4.
  • Green AD, Mason C, Spragg PM. Outbreak of cutaneous larva migrans among British military personnel in Belize. J Travel Med 2001;8:267-9.
  • American Academy of Pediatrics. Summaries of infectious diseases: cutaneous larva migrans. In: Pickering LK, Baker CJ, Long SS, McMillan JA, eds. Red book: 2006 report of the Committee on Infectious Diseases. 27th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2006.
  • Physicians Desk Reference 2006: Guide to drug interactions, side effects, and indications. Toronto, Canada: Thompson PDR; 2006.
  • Caumes E. Treatment of cutaneous larva migrans. Clin Infect Dis 2000;30:811-4.
  • CDC. Guidelines for veterinarians: prevention of zoonotic transmission of ascarids and hookworms of dogs and cats. Available at <http:// www.cdc.gov/ncidod/dpd/parasites/ascaris/prevention.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ