一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)ポリオ根絶の認定と野生株ポリオウイルスの研究室内封・・・

MMWR抄訳

rss

2003/11/28Vol. 52 / No. 47

MMWR52(47):1158- 1160
Global Progress Toward Certifying Polio Eradication and Laboratory Containment of Wild Polioviruses - August 2002-August 2003

ポリオ根絶の認定と野生株ポリオウイルスの研究室内封じ込みの世界的進展-2002年8月~2003年8月

WHAで全世界でのポリオ根絶を決議した1988年以降、ポリオが報告されている国は125ヶ国から7ヶ国となった。現在、Global Certification Commission(GCC)によりRegional Certification Commissions(RCC)およびNational Certification Commissions(NCC)を通じてポリオ根絶運動が展開されている。GCCが全世界における野生株ポリオ(WPV)根絶を宣言するには、全地域でWPV伝播が少なくとも連続3年間報告されず、WPV含有物質を保有する研究所が適切な封じ込みを実施することが必要である。現在、RCCは全WHO地域にて活動し、NCCはソマリア、モナコ、サンマリノ、東ティモールを除くWHO加盟国に設置されている。1994年8月20日にアメリカ地域、2000年10月29日に西太平洋地域、2002年6月21日にヨーロッパ地域においてポリオ根絶が宣言された。東地中海地域では9ヶ国にて根絶宣言がなされている。東南アジア地域ではスリランカとタイで3年間WPVが報告されておらず(現在確認調査中)、バングラディシュ、ネパールもそれに続いている。アフリカ地域でもカメルーン、ギニアビサウ、セネガル、タンザニア、トーゴ、ウガンダにおいて研究室封じ込みが始まっている。今後も世界的な協力体制が必要である。

References

  • CDC. Progress toward global eradication of poliomyelitis, 2002. MMWR 2003;52:366-9.
  • CDC. Certification of poliomyelitis eradication-the Americas, 1994. MMWR 1994;43:720-2.
  • CDC. Certification of poliomyelitis eradication-European Region, June 2002. MMWR 2002;51:572-4.
  • CDC. Certification of poliomyelitis eradication-Western Pacific Region, October 2000. MMWR 2001;50:1-3.
  • World Health Organization. WHO global action plan for laboratory containment of wild polioviruses, 2nd ed. Geneva, Switzerland: World Health Organization, 2003.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ