一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)HIV診断の増加-29州,1999~2002年

MMWR抄訳

rss

2003/11/28Vol. 52 / No. 47

MMWR52(47):1145- 1148
Increases in HIV Diagnoses - 29 States, 1999-2002

HIV診断の増加-29州,1999~2002年

1996年に高活性抗ウイルス療法(HAART)が開発されて以来、HIV感染と診断されてからAIDSを発症するまでの期間が延長し、AIDSサーベイランスのみではHIV伝播パターンを予測することが難しくなった。今回、CDCは国内29州における1999-2002年のHIV/AIDS調査結果からHIVの診断の傾向を分析した。HIV診断例は全体で102,590例[男72,323(70.5%)女30,264(29.5%)]であった。人種/民族別では非ラテンアメリカ系黒人[56,872例(55.4%)]が最も多く、男性例の48.6%、女性例の71.8%を占め、次いで非ラテンアメリカ系白人32,077例(31.3%)、ラテンアメリカ系11,829例(11.5%)と続いた。感染経路は男性では同性愛者(MSM)間での接触が59.7%、異性愛者間での接触が17.8%、静注ドラッグの共用が15.8%、女性では異性愛者間での接触が76.7%、静注ドラッグ共用が20.3%であった。1999-2000年の新規HIV診断例は男性で7.3%(1999年:17,556例、2002年:18,843例)、特にMSMでは17.0%(同9,988例、11,686例)増加し、女性では年間約7,500例でほぼ一定であった。人種/民族別では、ラテンアメリカ系26.2%(同2,622例、3,308例)、非ラテンアメリカ系白人8.1%(同7,716例、8,341例)の増加であった。HIV感染例のうち、AIDSと診断された症例数に有意な変動は認められなかったが、同月比較では9.3%(18,712例から20,443例)増加した。今回の調査により、HIV感染例数は男性、特にMSM、非ラテンアメリカ系白人、ラテンアメリカ系で増加していることが判明した。これらの人々での感染拡大を予防する新たな予防戦略が必要である。

References

  • CDC. Guidelines for national human immunodeficiency virus case surveillance, including monitoring of human immunodeficiency virus infection and acquired immunodeficiency syndrome. MMWR 1999;48(No. RR-13).
  • CDC. Diagnosis and reporting of HIV and AIDS in states with HIV/ AIDS surveillance-United States, 1994-2000. MMWR 2002;51: 595-8.
  • CDC. Primary and secondary syphilis-United States, 1999. MMWR 2001;50:113-6.
  • CDC. Primary and secondary syphilis among men who have sex with men-New York City, 2001. MMWR 2002;51:853-6.
  • Chen SY, Gibson S, Katz MH, et al. Continuing increases in sexual risk behavior and sexually transmitted diseases among men who have sex with men: San Francisco, California, 1999-2001. Am J Public Health 2002;92:1387-8.
  • Green T. Using surveillance data to monitor trends in the AIDS epidemic. Stat Med 1998;17:143-54.
  • Brookmeyer R, Liao J. The analysis of delays in disease reporting: methods and results for the acquired immunodeficiency syndrome. Am J Epidemiol 1990;132:355-65.
  • Rutherford GW, Schwarcz SK, McFarland W. Surveillance for incident HIV infection: new technology and new opportunities. J Acquir Immune Defic Syndr 2000;25(suppl 2):S115-S119.
  • CDC. HIV testing-United States, 2001. MMWR 2003;52:540-5.
  • CDC. Advancing HIV prevention: new strategies for a changing epidemic -United States, 2003. MMWR 2003;52:329-32.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ