一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)心臓発作生存者における心臓リハビリテーションサービ・・・

MMWR抄訳

rss

2003/11/07Vol. 52 / No. 44

MMWR52(44) : 1072-1075
Receipt of Cardiac Rehabilitation Services Among Heart Attack Survivors - 19 States and the District of Columbia, 2001

心臓発作生存者における心臓リハビリテーションサービスの受け入れ-19州およびワシントンDC,2001年

アメリカでは毎年約65万人が初回心臓発作を経験している。心臓発作生存者では心臓発作の再発、心血管系合併症、突然心臓死のリスクが増加する。これら患者におけるリスク低下戦略として、栄養カウンセリング、脂質レベルや高血圧、体重、糖尿病の管理、禁煙指導、心理社会的介入、身体活動カウンセリングおよび運動トレーニングからなる心臓リハビリテーションがある。今回、19州およびワシントンDCの心臓発作経験者における心臓リハビリテーションサービス加入率を調査するため、Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のデータが分析された。心臓発作歴と心臓発作後の心臓リハビリテーションサービス加入に関する質問に回答した19州およびワシントンDCの18歳以上の市民65,253名のうち、心臓発作経験者は2,765例(4.1%)であった。心臓発作経験者の割合は年齢とともに増加し、女性より男性で高く、人種/民族によって差があり、教育レベルの低い群で最も高率であった。これら心臓発作経験者のうち720例(29.5%)が心臓リハビリテーションサービスに加入していた。サービス加入者は女性に比べ男性で、他の年齢群に比べ50-64歳群で、教育レベルが低い群に比べ高い群で多かった。性別、年齢、学歴で調整した場合、サービス加入者は非加入者に比べ血中コレステロール値が高値で、高脂肪/高コレステロール食の摂取量が少なかった。さらにサービス加入者では果物と野菜の摂取量、運動量が多く、定期的アスピリン服用率が高かった。心臓リハビリテーションにより運動耐容性の増加、心疾患症状発現の減少、血中脂肪レベルの低下、禁煙、心理社会的健康の向上、疾患や死亡のリスク低下などの有益性が得られる。冠動脈性心疾患患者に対する介入プランに心臓リハビリテーションを盛り込むことは、さらなる障害を減少させるための重要な戦略であると考えられる。

References

  • American Heart Association. Heart Disease and Stroke Statistics-2003 Update. Dallas, Texas: American Heart Association, 2002.
  • Balady GJ, Ades, PA, Comoss P, et al. Core components of cardiac rehabilitation/ secondary prevention programs: a statement for health care professionals from the American Heart Association and the American Association of Cardiovascular and Pulmonary Rehabilitation Writing Group. Circulation 2000;102:1069-71.
  • Whellan DH, Shaw LK, Bart BA, et al. Cardiac rehabilitation and survival in patients with left ventricular systolic dysfunction. Am Heart J 2001;142:160-6.
  • Blackburn G, Foody JM, Sprecher DL, et al. Cardiac rehabilitation participation patterns in a large tertiary care center: evidence for selection bias. J Cardiopulm Rehab 2000;20:189-95.
  • Pashkow FJ, Dafoe WA, eds. Clinical cardiac rehabilitation. A cardiologist's guide, 2nd ed. Baltimore, Maryland: Williams and Wilkins, 1999.
  • Ryan TJ, Antman EM, Brooks NH, et al. The management of patients with acute myocardial infarction-a report of the American College of Cardiology and the American Heart Association Task Force on Practice Guidelines (April 2000). Available at <http://www.acc.org/clinical/guidelines/nov96/pcktamis.pdf>.
  • Smith SC, Blair SN, Bonow RO, et al. AHA/ACC guidelines for preventing heart attack and death in patients with atherosclerotic cardiovascular disease: 2001 update: a statement for healthcare professionals from the American Heart Association and the American College of Cardiology. Circulation 2001;104:1577-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ