一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)七面鳥畜産農場労働者における西ナイルウイルス感染症・・・

MMWR抄訳

rss

2003/10/24Vol. 52 / No. 42

MMWR52(42) : 1017-1019
West Nile Virus Infection Among Turkey Breeder Farm Workers - Wisconsin, 2002

七面鳥畜産農場労働者における西ナイルウイルス感染症-ウイスコンシン,2002年

2002年11月、Wisconsin Division of Public Health (WDPH)とWisconsin State Laboratory of Hygiene(WSLH)は西ナイルウイルス(WNV)感染症2例を確認した。この2例はA郡の七面鳥畜産農場(A農場)労働者で、9月下旬-10月上旬に皮疹を伴う熱性疾患を発症した。2003年2月、郡および州の公衆衛生局はA郡にある6ヶ所の七面鳥畜産農場、七面鳥を畜産していない農場、七面鳥食肉加工場の労働者に血清学的検査を行った。対象者107例中、七面鳥畜産農場労働者10例(9%)がWNV特異的IgM抗体陽性であった。抗体陽性者はA農場のみで働いていた11例中6例(55%)、A農場と他の農場で働いていた8例中2例(25%)、他の農場のみで働いていた38例中2例(5%)であった。8-10月に抗体陽性者10例中6例(全てA農場労働者)は発熱性頭痛を報告したのに対し、IgM抗体陰性例では97例中7例(7%)のみであった。IgM抗体陽性者6例全例が皮疹を呈し、1例は髄膜脳炎のため入院した。死亡例はなかった。蚊への曝露および咬傷の報告数は抗体陽性者[それぞれ10例中9例(90%)、8例(80%)]と陰性者[79例中67例(85%)、54例(68%)]で差はみられなかった。七面鳥の血清学的検査では、A農場の雌135羽中130羽(96%)でWNV中和抗体が検出されたが、A農場近くの農場の雌と両農場の雄各30羽では検出されなかった。A農場では、蚊以外の媒介により鳥類間、その後ヒトへWNVが伝播した可能性が示唆された。このアウトブレイクにおける伝播様式は明らかになっていないため、七面鳥取扱者はDEET含有防蚊剤や防護服および手袋の使用、気道の保護、適切な手洗いといった予防措置をとるべきである。また職業上でのWNV感染が疑われた場合には、すぐに地域および州の健康局へ報告するべきである。

References

  • Martin DA, Muth DA, Brown T, Johnson AJ, Karabatsos N, Roehrig JT. Standardization of immunoglobulin M capture enzyme-linked immunosorbent assays for routine diagnosis of arboviral infections. J Clin Microbiol 2000;38:1823-36.
  • Beaty BJ, Calisher CH, Shope RE. Arboviruses. In: Lennette EH, Lennette DA, Lennette ET, eds. Diagnostic Procedures for Viral, Rickettsial, and Chlamydial Infections, 7th ed. Washington, DC: American Public Health Association, 1995.
  • Swayne DE, Beck JR, Zaki S. Pathogenicity of West Nile virus for turkeys. Avian Diseases 2000;44:932-7.
  • Odelola HA, Oduye O. West Nile virus infection of adult mice by oral route. Archives of Virology 1977;54:251-3.
  • Komar N, Langevin S, Hinten S, et al. Experimental infection of North American birds with the New York 1999 strain of West Nile virus. Emerg Infect Dis 2003;9:311-22.
  • Pike RM. Laboratory-associated infections: summary and analysis of 3,921 cases. Health Laboratory Science 1976;13:105-14.
  • Sewell DL. Laboratory-associated infections and biosafety. Clin Microbiol Rev 1995;8:389-405.
  • Nir YD. Airborne West Nile virus infection. Am J Trop Med Hyg 1959;8:537-9.
  • CDC. Laboratory-acquired West Nile virus infection-United States, 2002. MMWR 2002;51:1133-5.
  • Reynolds SJ, Parker D, Vesley D, Janni K, McJilton C. Occupational exposure to organic dusts and gases in the turkey growing industry. Appl Occup Environ Hyg 1994;9:493-502.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ