一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)最新情報:献血血液中の西ナイルウイルスの検出-アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2003/09/26Vol. 52 / No. 38

MMWR52(38) : 916-919
Update: Detection of West Nile Virus in Blood Donations - United States, 2003

最新情報:献血血液中の西ナイルウイルスの検出-アメリカ,2003年

2002年、アメリカでは西ナイルウイルス(WNV)によるウイルス血症患者16例から供血された血液により23例がWNVに感染し、推定500例のウイルス血症患者から採血した可能性が考えられている。2003年6月下旬-9月中旬、血液収集機関は献血250万検体にWNVスクリーニングを施行した。その結果、1,285検体がWNVに反応を示し、うち601検体が推定WNVウイルス血症患者からの供血(PVD)とされた。2003年9月16日現在、489例のWNVウイルス血症の供血者(コロラド154、ネブラスカ116、サウスダコタ56)がArboNETに報告されている。人口統計学データが得られた333例の年齢中央値は45(15-83)歳、男性が181例で、検出日は6月25日-9月12日であった。296例(89%)は供血後も無症候性で、35例(11%)はWNV熱、2例(0.7%)はWNV髄膜脳炎を呈した。2003における供血によるWNV感染例は現在2例確認されている(テキサス州71歳男性:大動脈移植術時に輸血、ネブラスカ州80歳男性:心臓手術時に輸血)。

References

  • Pealer LN, Marfin AA, Petersen LR, et al. Transmission of West Nile virus through blood transfusion-United States, 2002. N Engl J Med 2003;349:1236-45.
  • CDC. Detection of West Nile virus in blood donations-United States, 2003. MMWR 2003;52:769-72.
  • American Association of Blood Banks. Association bulletin #03-08: recommended guidance for reporting West Nile viremic blood donors to state and/or local public health departments and reporting donors who subsequently develop West Nile virus illness to blood collection facilities. Available at <http://www.aabb.org/pressroom/in_the_news/wnab03-8.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ